◆2005年6月まで初値倍率◆
1位 (2444セレブリックス) 7.39倍
2位 (1400アライヴ)    6.67倍
3位 (1401エムビーエス)  6.00倍
4位 (3769GMOPG)   5.63倍
5位 (8941レイコフ)    4.80倍
6位 (7836アビックス)   4.67倍
7位 (2437シンワアート)  4.63倍
8位 (2430Dスケープ)   4.59倍
9位 (6662IRIユビテク)  4.53倍
10位 (3773AMI)      4.38倍  
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――   
初値上昇率は品薄感が全て、とまで言ってしまっていいくらい、上位は軽量級のオンパレードですね。それプラス、上場銘柄が少ない時の公開となるとものすごい上昇パワーをだしてます。 
 
今年の特徴はアライブ、MBSのやや不人気業種の銘柄が、軽量・1株単位・を理由にネット系や不動産ファンド系以上のパフォーマンスを出している事です。去年はこのパターンは無かったと思います。      
大型上場が全然少なかったのも初値を押し上げた原因かも知れません。去年はこの時期アルバックがありました、今年は超大型が無いうえ、IIJが中止になったりで好需給でしたね。 
 
あとちょこっと気になるのは、足立真一サンあたりがIPOの指標としてPSRを普通に持ち出していること。このこと自体は他のモノサシ(PERなど)が役立たなくなってきているのでしょうがないでしょう。目先のIPOブームはまだまだ強気で行けそうですが、長い目で見るとPSRがあまりにも幅をきかせるようになると少し感じ悪いかな。            
 



◆月別初値平均倍率◆
2月  2.09倍     
3月  2.16倍     
4月  3.19倍    
5月  5.21倍    
6月  2.23倍  
 
 
 
 
 
◆前半の成果◆◆◆◆5310131円(手数料のみ控除)◆ 
メディキット        10株  Eトレ    
アドバンスド・メディア   1株   Eトレ
リンクセオリーHD     1株   店頭
セレブリックス       1株   松井        
日本ロジスティクスF   1単位  店頭  
日本通信          3株   Eトレ 
共同ピーアール      200株  店頭  
カブドットコム証券     1株  カブドット   
チムニー         100株  店頭 
テクマトリックス      1株  楽天
NECリース       100株  楽天  
 
 
★セレブさまさま、の一言です。当選銘柄数は満足なんですが、もしセレブが無かったら利益額ではちょ
っと去年より寂しい結果になっていたかも。数よりもここ一番で品薄を1つ取る事(今回は好運すぎまし
た!)の大切さが身にしみてます。

★抽選ルール変更後の楽天、全く当たらなくなりました。五倍も確率に差がついてしまうとやっぱり大変
ですね。