ブログネタ
IPO に参加中!
今回はマネックスのIPO抽選について書いてみました。他社に比べ分かりやすいシステムなので、既にマネックスIPOに参加経験があれば特に読む必要はないかも知れません。

抽選の流れ
ブックビル期間中の申込⇒抽選⇒(当選、補欠当選の場合)購入意思表示期間中の申込 という流れになります。ブックビル時から買付余力が必要なうえ、抽選終了まで資金拘束されます。

実質1人1単位の平等抽選
「申込者数が配分単位数よりも多い場合」という条件がありますが、現在はほぼ全てのIPO抽選がこの条件にあてはまります。よって1株BB申し込みでも複数申し込みでも全く同じ当選確率となります。またBB申告株数に拘らず顧客1人単位に一抽選権が付与されるので同じ人が2単位以上当選することはありません。このように実質1人1単位参加の平等抽選には好感がもてます。

資金拘束と複数IPOに参加
資金拘束面がややネックでしょうか、まずBB申し込み時から資金が必要な上に、すぐに資金拘束され抽選終了まで拘束されます。複数IPO参加の場合、銘柄ごとに資金が必要かつ拘束されてしまうのでBB集中期には、1単位づつのBBでもかなりの合計金額になります。

なんといっても主幹事に期待
実質1人1単位の平等抽選というのを把握すれば、ルールとしては、シンプルでわかりやすいシステムです。他社のように抽選までに2回申し込んだり、確立UPのために複数BB&入金する必要もありません。

また各自申し込みNo.がわかる仕組みなので大体のブック参加人数が把握できますが、平均的な小型IPOで2万台の申し込みが多かったです。不思議なことにマネックスの引き受け数の多少でこの人数はあまり変化しません。ですから主幹事IPOとなると実質1人1単位のメリットが最大限発揮され、よく言われているようかなり有利な倍率となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■口座開設+3万円以上入金だけで、もれなく現金3000円プレゼント!
     マネックス証券
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  (過去ログ)  
  ⇒ Eトレード証券 IPO抽選の基本
  ⇒ 楽天証券 IPO抽選の基本

参考になりましたら1クリックのご協力を にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ