前回書いたように今回の新光ネットの重複BBでは、最初に全合計金額を入金してブックを申し込み、その後110万を残して出金しました。今回カービューに当選したので、このやり方は有効といえるようです。また現在は購入申し込み前ですが、資金拘束は全く無く出金は可能となっています。このまま、この資金で火曜朝の日本一ソフトの抽選に参加できそうですが、一応用心のため18万は追加入金をしておきました。とりあえず今回の結果からは、以下のことがはっきりしました。

★BB重複期は、まず全合計金額を入金してブックを申し込み、その後はその中の一番高額IPO(今回はカービュー)の金額分だけ残せば、抽選参加は可能
★つまり、BB申し込み時と抽選時だけ資金余力をチェックするシステムだと推測できます。
★新光ネットでは、自ら購入申し込みをしない限り資金拘束は一切無い
     IPO      にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
あえてこのように検証的なことをするのは、MU証券もそうですが、コールセンターや担当者に5〜6回聞いた程度では確証を得られないからです。時には間違えを教えられる時もありました。ブック重複時の資金ルールなどの細かいシステムとなると、抽選システムを作った一部の人ぐらいしかわからないのでは?と思える位答えがバラバラになることが多いです。(新光さんではコールの女性1人だけが正しいことを教えてくれました。)

ネット証券のIPO抽選ルールとなるとかなり細かい点まで明文化され、コールセンターの人まで浸透してますが、これと同レベルのことをまだ歴史の浅い店頭証券のネット抽選に要求するのはまだ難しいようです。自ら実践しつつ検証するのが勉強にもなるし、一番いいかもしれません。
  新光証券(ネット)の重複BBと資金移動
  新光ネットIPO抽選ルールの基本
  新光証券(口座開設)