-------------------------------------------------------------
■IPO:あおぞら銀行
  公募価格:570円(仮条件:550〜610円)
  初値:  ×495円(−13.2%)
■IPO:GABA
  公募価格:26.5万(仮条件:25〜27.5万)
  初値:  ×24.9万(−6%)
■IPO:ニフティ
  公募価格:21万(仮条件:20〜22万)
  初値:  ×20.6万(−1.9%)
■IPO:ジャパンインヴェストG
  公募価格:15万(仮条件:14〜17万)
  初値:  ×14.8万(−1.3%)
■IPO:セルシス
  公募価格:16万(仮条件:15〜19万)
  初値:  ◎ 22万(+37.5%)
-------------------------------------------------------------

上記が去年11〜12月に公募価格が上限で決まらなかったIPOとその初値結果です。5銘柄中4社が公募割れと厳しい結果になっています。ただ公募値決定段階で価格調整がなされていることもあってか、あおぞら銀行以外はそれほど大きな割れ方はしてません。あおぞら銀行は外資の回収色が強かったIPOで、仮条件も割高感が顕著でした。
 ただ今回のジーエヌアイのように、仮条件の最下限で決まったIPOとなると、なんと4年前の2003年3月のウィーヴ(なぜか野村主幹事)までさかのぼるそうです。また赤字上場でかつ上限で決まらなかったIPOというと新華ファイナンス(これも野村)がありました。
-------------------------------------------------------------
■IPO:ウィーヴ(2003年3月上場)
  公募価格:12万(仮条件:12〜15万)
  初値:  ×9.8万(−18.3%)
■IPO:新華ファイナンス(2004年10月上場)
  公募価格:17.5万(仮条件:13.7〜19.7万)
  初値:  ×16.3万(−6.8%)
-------------------------------------------------------------

公募価格の下限決定を受け、本日のF最新レポートではジーエヌアイの初値メドを従来の90〜110円から70〜90円に下方修正しました。想定価格130円よりまず仮条件が引き下げられ、そしてその最下限90円で公募値が決まりました。想定価格からみれば、実に30.7%もの値引きとなっていますが、問題はジーエヌアイが妥当価格のわかりずらい赤字バイオ銘柄である点かもしれません。