■先日の日記に「IPOは深刻な買い手不在」を書きましたが、昨日今日の初値をみると深刻度はさらに加速している感触です。まず今日のIPO:リアルコム、同じマザ−ズのネット・SI系IPOだと、NTTDMで10億円、フルスピードで18.9億円程度の初値買い資金が入ってました。しかし今日のリアルコム初値形成時の資金流入はわずか3億円、いくら小型IPOとはいえこれでは相当に厳しいです。
■同様に:IPO:ニックス、直近ジャスダックIPOのアークラランドS初値時に3.7億、三つ知(ジャス100株単位)で8.1億ほどの資金流入がありました。しかしニックスの初値にはなんと1.3億円しか買いが入らず、Fレポにもあったようにこのレベルは福証や札証のIPO並みの少なさ、これで初値買い気配は無理な注文でしかありません。
バンテックGも、TI大型でみると年初のTSテックには74億円もの資金が入ったのに対し、バンテックG初値に買い向かった資金はわずか17億円弱です、しかもOA買戻し以外の実需の買いとなると本当に極くわずかと推測されます。
■またバリエーション面からも、IPO:ニックスの公募値でのPERは8.6倍程度、これでも割安でしたが、公募割れ&今日も続落して本日引け値でのPERは約6.6倍。またIPO:バンテックG公募値でのPERは11.9倍程度、特段割高ではありませんでしたが、−25%もの公募割れとなり、PERは7倍台、配当利回り約2.5%というバリュー銘柄になっています。
                           
              
■その他の直近IPOでは、サムティ7.1倍、エルクリエイト5.7倍シーズメンにいたっては4.6倍と少し前のサラ金、パチンコ業界並みの低評価に沈んだままです。
■そして今日のリアルコムの結果をみても分かりますが、自分が考えていた「想定価格より大幅値下げで公募が決まったから、ここからの下値はない」という単純すぎる予想は通用しませんでした。つまり値引率とかPERとかの数値が通用しずらくなっているのかもしれません。
■ここからは、理論的ではない感覚的な推測になりますが、かつてIPOバブル絶頂期のガンホーや日本通信を思い出してみました。もうPER等は無視され恐ろしいレベルまで買い上げられていました。またバブル後期上場したOKウエイブやEサポートリンクもPER100倍超の超割高公募値でしたが、初値だけは公募を上回っていました。
■こんな時代に、PERが高いからブック不参加、セカンダリーも見送りでは負け組みにすぎませんでした。PERの割高さは一切無視、バブルは乗った者が勝ち、という感じで需給と勢いだけで割高ほどさらに高く買い上げられる傾向でした。
■そして今、山高ければ谷深し、今度はバブルの巻き戻し的?現象がおこり、いくらバリエーションが割安でも、大幅値下げの公募価格でも反応しない状況になっているのかもしれません。妄想は別にしても、現実にここまで初値買い資金が集まらないとどうにもなりません。やはり前回と同じになりますが、テーマ性や話題性のあるIPOなら必ず買い資金は集まるはずです。例えば短期間に2回も上方修正し、FX絶好調のマネーPは本日S高です。やはり何か流れを変えるようなテーマ性を備えたIPOの登場が必要なのかも知れません。

ソニーFHですが、マネックスに続きジェット証券でもブックビルディング申し込みを受付けつけるようです。

バナー他ブログのIPO分析がこちらに
*************************************************************************

トレーダーズの田中一実アナリスト 
新規上場株は株価の変動幅が大きいこともあって、これまでは相場が低迷するなかでも一部の個人が積極的に買ってきた。ただ直近に上場した銘柄では初値後に株価が低迷するケースが多く、ここに来て「初値ではなく、しばらくしてから投資した方が得策だと判断する投資家が増えている」

中村孝也のIPO診断=IPOの連続公募価格割れ続く
9月19日の新興市場は堅調。ジャスダック平均、J―Stock Index、東証マザーズ指数、ヘラクレス指数、FINDEX指数(フィスコとフィスコ アセットマネジメントが開発・詳細は  <8732.OJ> 程度でしょうか。売りもの薄の中、外部環境の変化にツレ高した感が強い状況です。  19日にIPOを果たしたリアルコム <3856.T> の初値は、公募価格27万円を10.4%下回る24万2000円となりました。公募価格割れは6社連続。9月IPOはすべて公募価格割れの初値となりました。上場した後も、大きく反発することなく株価は推移しています。公募価格PERの低下、初値のPER低下、その後の株価下落によるさらなるPERの低下、IPOも含めた新興市場への関心低下を鑑みれば、当該市場への長い眼で見た投資妙味は増しているのでしょうね。足元では復活のきっかけをつかめずにはいますが…。  (株式会社フィスコ シニアアナリスト)
[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]