金融商品取引法毎日のように届けられる分厚い封書や大判のメール便等々、IPOファンの方々は、最近やたらと多い証券会社からのお知らせに辟易していると思います。9月30日(=今日)付けで新「金融商品取引法」が施行される為、その案内や資料が続々送られてきます。いまいち細部は良く分からないのですが、大まかな新金融商品取引法の内容や変更点は下記リンクを参照してください。
新しい金融商品取引法について(金融庁パンフレットPDF)  
金融商品取引法で何が変わるか(カブドットコム証券)

各社の具体的な対応としては、「新しい取引ルールを書面で送付したので確認願います」といった対応が一番多いですが、中には「契約締結前交付画面」を初回ログイン時にクリックで承諾が必要なところ(コスモ証券、岡三証券、丸三証券、そしあす証券・・・)もかなりありますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【重要】IPOの取り扱いについて
2007年9月30日(日)より、金融商品取引法が施行されます。本サービスではIPOのご注文について以下のように対応いたします。
【重要】ご注文をお受けできない場合がございます。 
商品内容、リスク、手数料などを十分にご理解ください。IPOの購入時に「新規公開株式の契約締結前交付書類」が表示されます。最後まで読み、内容を十分にご理解いただいたうえで「確認済み」をクリックをしてください。「確認済み」のクリックがない場合、購入はできません。予めご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記は岡三証券のお知らせです。自分の場合店頭ではなく通信口座ですが、投資方針が「利子・配当等安定収益重視」になっていたので、上とは別にコールセンターがわざわざ電話をくれました。「安定重視」だと株取引やIPOのネットでの注文が出来なくなるそうなので「バランス型」に変更しました。 リスク許容度別の商品のランク分けも証券会社によって微妙に違うようです。店頭のM証券なんかは、新法施行でランド建て債権(既発)が電話注文不可なるからと、最後の最後まで売り込んできましたがお断りしました。同じ外債でも豪ドルやNZドル建ては今までと同様で、ランド建てだと書面でしか注文なくなる?とかわけの分からないことを言ってました。とりあえず、今回は国債買って勘弁してもらいましたがw

  IPO            にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ