----------------------------------------------------------------------
IPO:ソニーフィナンシャルホールディングス
・公募価格: 40万円(仮条件38万〜40万円)
----------------------------------------------------------------------
IPO:3250エー・ディー・ワークス
・仮条件: 6万円〜7万円(想定価格:8万)
----------------------------------------------------------------------
口座開設でいろいろプレゼント  ヒロセ通商(ヒロセFX)

注目のIPO:ソニーフィナンシャルホールディングスの公募価格が決まりました。仮条件38万〜40万のところ、意外にも上限の40万で決定したようです。どうも割高感が目に付きブックは全スルーでしたが、割高割安の基準は人それぞれということでしょうか。
また同じく野村主幹事のIPO、エー・ディー・ワークス(不動産流動化事業)の仮条件も本日決定しました。想定価格8万に対し仮条件は6万円〜7万円と値下げを示唆。これで仮条件上限でのPERは6倍程度まで低下しますが、とにかく既上場の同業には、超割安、超バリューがゴロゴロしています。やはり、軽量感が活きる地合いになるか次第ですね。 

■10月は12社が予定――底入れムード、初値注目

   今週は二週間ぶりに一社が新規株式公開を予定する。九月の新規上場は四社にとどまったが、十月は先週末までの発表で十二社が新規上場を予定している。新規公開株は八月三十日に上場したアークランドサービスから六銘柄連続で初値が公募価格を割り込んだ。ただ、先週は新興株市場で相場の底入れムードも広がっただけに、初値の動向が注目される。 
 今週ジャスダックに上場する野村マイクロ・サイエンスは不純物を極限まで除いた超純水の製造装置を開発し、半導体メーカーなどに販売する。上場時の公募増資で約三十億円を調達する。
 新興市場では九月中間期の業績を修正する企業も増えており「決算の好不調で今後の相場の地合いが左右される可能性が高い」(丸和証券調査情報部の大谷正之次長)。
 来週十一日にはソニーフィナンシャルホールディングスの東証(所属部は未定)上場を予定している。上場時の公募と売り出しの合計額は三千億円を上回る見通しだ。今年最大の大型案件を控え、新規上場株に対する市場の注目度は一段と高まりそうだ。
(2007/10/01,日本経済新聞)


---------------------------------------------------------------------------------------
かざか証券My外貨:10月中に10000円ゲット可能!
今月中に10万円以上入金して、1回以上の取引をされた方が対象です。入金額が小さいわりに最大1万円が1回取引でもらえます!!かなり資金効率のいいキャンペーンですね。
---------------------------------------------------------------------------------------