【主なアスリートらの保有株式数】
                 保有株式数  保有比率    時価総額
中田英寿(元サッカー選手)5万2000株  6.91%   1億4560万円
北島康介(競泳選手)     800株    0.11%    224万円
為末大(陸上選手)       800株    0.11%    224万円
五十嵐亮太(プロ野球選手)  400株    0.05%    112万円
前園真聖(元サッカー選手)  400株    0.05%    112万円
大黒摩季(歌手)         400株     0.05%    112万円
時価総額は目論見書の想定発行価格(1株2800円)をもとに算出
-----------------------------------------------------------------------------------------

ZAKZAK 2008/08/19の記事より引用しました。目論見書の想定発行価格2800円ベースで計算すると、中田氏の保有株の時価総額は1億4560万円になるとしています。記事では「サニーサイドアップは北島選手の北京五輪での活躍を当て込み、大証ヘラクレスに上場を申請。その北島選手が金メダル2冠を達成したことで、思惑通りの展開になった。ご祝儀相場で株価が上昇した際に高値で売り抜ければ、株主は大もうけできる」としていますが、上場時の評価が楽しみですね。

スポーツ選手の上場前のIPO保有で、以前話題になったのはイチロー選手バリューコマースがありました。当時ネット上では話題に上りましたが、130株を保有していました。上場は2006年7月、当時の初値43.8万ベースでの時価総額は5700万円弱だったことになります。

またスポーツ選手の保有とは関係ありませんが、上場前後にTV、新聞等の一般メディアで大騒ぎになったIPOといえば、あのミクシィがあります。若き創業者社長の保有のうち上場時売出し分だけで5.4億円。社長保有株全ての時価総額ではたしか数百億円?レベルでしたからスケールが違います。 → 上場日の朝からTVのワイドショーで取り上げられるようなIPOは滅多に出てこないでしょうね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ ← IPO:サニーサイドアップの情報はこちらにも