「FXのレバレッジ規制」について、金融庁の公表がありました。

■金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)
 ⇒ http://www.fsa.go.jp/news/20/syouken/20090529-3.html

今だに最大25倍という数値には納得できませんが、FX業者や利用者(FX投資家)の対応・移行期間を配慮して、時間的猶予はかなり長めにとってあるようです。

FXレバレッジ規制  25倍

期間を定め、段階的にレバレッジ規制を実施する考えのようです。
まず規制実行まで、概ね1年間の執行猶予あり
規制発動後も、最初の1年間は最大レバレッジ50倍まで
そして1年経過後に、最大レバレッジ25倍に移行
  



このとおりで実施となれば、実際に最高レバ25倍まで規制が及ぶのは最短でも2年後、ということになりますね。十分な期間をとった上の段階的移行ということで、時間的な配慮はなされたようです。
 ただ、報道などによれば、規制反対やもっと高いレバを望む声が多かったはずなのに、当初の最高25倍は譲らないようです。そもそも最初にでてきた「25倍〜30倍」という数値の根拠もよく理解できない部分があります。FX投資家や業者から意見は聞くと言っても、所詮は上から目線のお役所仕事に過ぎないのかもしれません。