■業者のためではなく、投資家のため与謝野金融・経済財政相は5日午前の閣議後記者会見のなかで 外為証拠金取引(FX)規制の導入に業者の反発があることに対し、「業者のためにやっているのではなく、投資家のため」と説明。「外為市場に多くの人が参加するのは必要だが、証拠金率が何百倍という世界は、常に追い証(追加担保の差し入れ義務)が発生する世界。(倍率は)変動幅に相関したものでなくてはならない」と語った。

「業者のためではなく、投資家のため」と言い切ってしまうあたりは、さすがは政治家という印象です。それにしてもリアルFX投資家の生の声は、本当に届いているのでしょうか?