■大証、岩井など5証券、FXで業者指定大阪証券取引所は19日、7月21日に開始する外国為替証拠金取引(FX)市場について、岩井証券やコスモ証券(大阪市中央区)など5社を投資家と市場を結ぶ業者に指定したと発表した。大証のFX市場は株式取引になじんだ投資家が参加しやすい仕組みを重視している。大証はFX市場を新たな収益源に育てていく考えだ。
 このほか指定されたのはインヴァスト証券、そしあす証券(東京・中央)、ひまわり証券(東京・港)。21日までに追加で数社が指定される見通し。投資家はこれらの指定業者に口座を開いてFX取引に参加する。
(日経より抜粋)

    

来月21日開設の大証FX、スタートまでちょうど1ヵ月となりました。当初の指定業者は、岩井証券 コスモ証券 インヴァスト証券 ひまわり証券 そしあす証券 の5社がまず決まった模様です。やはり株式投資がメインの層にもFX投資をアピールしたいのでしょうか。  
以下修正加筆しました
またFX専門業者では、新規にマネーパートナーズがまず指定されました。(マネパはマーケットメイカーにも指定されました)

大証FXはオークション方式で、上下に8本(合計16本)の板(気配値)が表示されるそうなので、雰囲気はかなり株に近くなります。今のところは、まだそれほど盛り上がってないようです。ただ、225ミニのような大ヒット商品を作り上げた大証は、お役所仕事的な東証に比べ遥かに商売上手。今後の展開が楽しみです。

◆大証FXの特徴
★「オークション方式」+「マーケットメイカー制度」を採用、
★ 上下8本(合計16本)の気配値とマーケットメイカーの最良気配値
★ 板ごとに注文数量の表示
★くりっく365と同じ税制優遇、一律20%&損失の繰越可能。
★ 資金は、大阪証券取引所への全額預託で安心。
★ 当初は、取り扱い通貨:9通貨ペア  取引単位:1万通貨単位  レバレッジ:最大約35倍程度(予定) 手数料:210円(くりっくと同額)