■IPO:エフオーアイ、今年最大の大型案件
 エフオーアイは11月20日、マザーズに上場する。同社は半導体製造装置メーカー。半導体製造工程の中でもプラズマ技術を応用した工程で使用される装置群の開発に特化しており、具体的には絶縁膜エッチング装置、微細化に伴い新たに発生した工程であるシリコンウエハ表面の酸窒化装置などを手がける。

 マザーズ上場は今年4社目、新興市場への半導体製造装置メーカーの上場は07年4月のニューフレアテクノロジー(6256・JQ)以来、2年半ぶり。半導体不況下ながら業績を伸ばし続け、前期に続き今期も経常利益20億円レベルを確保する見込みだ。

 想定価格(850円)から算出した市場からの資金吸収額は79億円、時価総額は227億円(上場承認時時点でマザーズ時価総額ランキング16位、新興3市場全体で52位)。金吸収額は三菱総研(3636)の66億円を上回り、今年最大の大型案件となるが、08年−09年の直近2年では6番目だ。               (10月22日付け日本証券新聞より)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■FXキャラクターでおなじみ、あの加藤夏希さんが・・・・

 加藤夏希が元カレの元マネージャー提訴
タレントの加藤夏希(24)が、所属事務所の元マネジャーで元交際相手の年上男性に対し、約3000万円の損害賠償を求めて、東京地裁に提訴していることが21日、分かった。

所属事務所関係者によると、2006年5月から今年2月までの約3年間、男性は加藤のマネジャーを担当。2人は当時交際もしており、男性が加藤に定期預金口座を開設すると偽って、加藤の預金から総額約3000万円を私的に横領したとして8月に訴えた。現在、係争中で、男性側は訴状内容を否認しているといい、同事務所関係者は「刑事告訴も考えている」と話している。
            [2009年10月22日08時07分 / 提供:スポーツ報知]

取引で、先着1,000名様に加藤夏希クオカードプレゼント!
   加藤夏希×エース交易 エースでねらえ!FX

      エース交易 ⇒ プレゼントの詳細

■さらに続報 (ZAKZAKより)
男性が「月10万円ずつ定期預金したほうがいい」と加藤に勧め、 通帳やキャッシュカードの管理をするようになったことがきっかけ。 しかし、実際には定期口座を開くことはなく、 預かった通帳から総額約3000万円がパチンコや風俗に消えていたという。

不信感を募らせた加藤は交際から1年ほどで別れを切り出したが、 「交際をばらす」などと言われ、関係は続いた。

今年2月、加藤が事務所の社長に相談。 男性を問いつめると横領を認めたが、その後、態度が一変、金の返還に応じないばかりか、 「加藤の写真や直筆の手紙を公表する」と言い、争いに男性の両親も加わったため、 男性と両親の3人を相手取り、訴訟に踏み切った。