3165:フーマイスターエレクトロニクス
   (JASDAQ・野村證券主幹事)
 
   上場日     9/15
   BB期間   8/19〜8/25   にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
   事業内容:半導体、電子部品および電子材料の輸出入販売
   公開株数:公募:32万株 売出:21万株 OA:7万9500株  
   想定価格: 1450円(吸収金額:最大約8.8億)
   幹事団:
    野村證券(主)

    大和証券
    三菱UFJ証券
    みずほインベスターズ証券
    日興コーディアル証券
    睫攵攘
    SBI証券
------------------------------------------------------------------------------------------

★ IPO:フーマイスターエレク、9月2社目のIPO
9月2つ目のIPO、主幹事は、FPC(9/7日上場)と同じ野村證券です。

業態的には、いわゆる「半導体・電子部品商社」となり、仕入れは日立系・販売は韓国LG電子向けの比重が大きい。既上場銘柄では、堅実型のバリュー銘柄が多く、低PER&高配当ランキングなどに登場することも多いです。逆から見れば、株価面での評価が低い万年低PERセクターと言えないこともありません。

直近の同業IPOとしては、2088年2月上場の大西電機がありました。地味な電子部品商社でしたが、公募1000円⇒初値1211円とまずまずの初値でした。これは、取引先に任天堂の比率が高く、事前にFレポートなどで「任天堂関連」と担がれたからです。基本的には、地味な卸売り業となり、「任天堂関連」のような話題性が無いと注目を集めるのは難しいということになります。

想定価格は1450円とFPGよりかなり低め、吸収金額は約8.8億円と少なく、重圧感はありません。しかし、日経平均はじめ全体地合いも悪いうえ、IPO人気もかなり低迷しています。ちょうど約1週間前に上場となるFPCのBB・初値状況を見ながら対応することになりますが、業種人気もなく大きな期待はできないIPOですね。

にほんブログ村で他ブログのIPO情報をチェック!

  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ           ⇒ にほんブログ村・IPOへ

※ただし、あえて言うなら足もとの半導体・電子部品関連の決算は、かなり好調でした。携帯・PC向けの電子部品は想定以上に回復していたようで、上方修正も良く見かけました。ところが、いくら好決算を出しても、悲しいかな円高が全てをダメにしています。