にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 本日の日経新聞によれば、日本のベンチャー企業が日本の新興市場ではなく、アジアの証券取引所に相次ぎ上場する予定だそうです。韓国・台湾・シンガポ−ルの新興市場に、来年度までに10社以上が上場申請する見通しとなっています。

日本を避けアジア新興市場を選ぶ理由は、やはり上場審査にかかる時間上場基準の緩さなどにあるようです。日本は上場審査に2年以上かかるが、KOSDAQは約1年、台湾は1年半で上場できるそうです。利益の基準もジャスダックが経常利益5億円以上なのに対しKOSDAQは純利益で約1億5千万円、カタリストには規定がない、など発展途上のベンチャー企業に優しい面があります。

 ★ディー・エル・イー(アニメ制作・東京 千代田区)
  来年6月までに台湾証取に上場申請

 ★ゼロ(インターネット決済代行・東京 渋谷区)
  年末にもシンガポールの新興市場「カタリスト」に上場申請

 ★フードディスカバリー(野菜ソムリエ講座・東京 渋谷区)
  韓国の新興市場「KOSDAQ」に、10月上場申請する予定

 ★オフィス24(OA機器販売・東京 新宿区)
  韓国の新興市場「KOSDAQ」に、10月上場申請する予定

 ★サルバトーレ・クオモ・ジャパン(ピザチェーン・東京 港区)
  韓国「KOSDAQ」に上場を検討  

 ※他にネット通販や半導体関連などの企業もアジア上場を計画中


ざっと見ただけですが、ネット決済にアニメ関連と悪くなさそうな事業内容で、若い企業が多いようです。アジア新興市場への流出で、日本のIPO減少にさらに拍車がかかるとは淋しい限りです。

このままでは、本当に勢いのある若きベンチャー企業はアジア各国でIPOしてしまい、日本でIPOするのは、高齢化した堅実型企業(東証2部が似合うような)ばかりになってしまうかもしれませんね。

★09年のIPO社数はKOSDAQが前年比47%増の56社、カタリストは14社に倍増
      アジアのIPO

    にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ           ⇒ にほんブログ村・IPOへ  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆当ブログ特典!開設+3万円入金で図書券3,000円分全プレ!!合計8,000円相当をGET! 
★タイアップ特典!当ブログ経緯なら3000円分上乗せ!
★もちろん通常キャンペーンの5,000円プレゼント(5万通貨お取引)もWゲットできます!(延長!当面期限なし!)  
  FXトレーディングシステムズ  ⇒ GET画像
-----------------------------------------------------------------------------------------
最大20,000円をプレゼント!取引1回〜 
  FX24【インヴァスト証券】(8/30日まで)