◆東証昇格銘柄と公募・売り出し 
現在PO実施中の2764:ひらまつ、そして8月末だったの7819:SHO-BI、6月POの物語コーポ、リロHD、これらは全て東証への昇格に伴いPO(売出し)を実施した銘柄です。

小粒すぎるのが欠点ですが、下の東証1部への昇格候補(※出所:みずほ証券)と言われる銘柄で、現実に昇格が決まれば同時にPO(売出し)を実施する可能性があると言えます。

よく言われるように、2部・JQ銘柄で立会い外分売をよくやる会社なかには、昇格基準(株主数)を満たす目的のことがあり、昇格狙いの大きなサインになります。

      東証1部 昇格候補

◆地味IPOの本領発揮?   ⇒ にほんブログ村・IPOへ
また、オレンジでマーカーした銘柄は、ほぼ3年以内(2007年以降)のIPOです。ひと目見てわかるのはとても地味な、お世辞にも人気IPOとは言えない銘柄ばかりです。派手さこそないものの、実態は堅実そのもの、着実に市場のランクアップを狙える位置にあるようです。

逆に超人気化しやすいネット系IPOでは、グリー(すでに東1)のように超スピードで出世するものはごく少なく、比較コムのように初値天井のあと悲壮的なまでの急落カーブを描く銘柄の方が明らかに多い。これもIPOの一面であるということですね。

日本板硝子の逆日歩速報、0.05円で変化ありません

-----------------------------------------------------------------------------------------

店頭のほうは、POも一段落してかなりヒマなようで午前中から電話がかかってきます。

交代引継ぎの際に「投資信託は大苦手」と強めにPRしています。だから今回は、個別のアメリカ株のオススメが多い。セールストークは決まって、「円高の今なら、為替差益と株価のダブルで狙えます!」というものです。だだ、購入・売却時の為替スプが0.5円!FXを知ったらとても受け入れられない大きさですね。

このセールス攻勢をかわすためにも、早急に次のPO(特にM穂系)が欲しいところです。


 う~ん、菅さん圧勝ですか。。。円高進行は困りますね