◆外国人のクリスマス休暇と新興市場
以前の記事にも書きましたが、12月も中盤以降となると、IPO・PO共に大型案件はでてきません。これは売買シェアの高い外国人がクリスマス休暇となってしまうからです。そんな中、今年ラストのIPOとなる日本メディカルネットが21日に上場します。すでに他ブロガー様やT社週末レポートでも指摘されているように、年内ラストIPOは、ここ10年間で公募割れはわずか1銘柄しかありません。アノマリー的には非常に勝率の高いIPOといえます。    ⇒ にほんブログ村・IPOへ

よく言われるのは、外国人の休暇入りで、主力株は様子見ムードなり、相対的に新興市場&新興IPOに注目が集るというものです。ただ、全体的には外人休暇で売買エネルギーの減少になります。その結果として、小さな金額でも動かせる新興市場にマネーが向かいやすくなるという、年末独特の現象です。IPOに関しても、ただ年末最終というだけでなく、小粒軽量案件というのが初値高騰の前提としてかなり重要です。

★2009年
 一建設(JQ)    吸収115億円 2300円→2300円(±0%)
★2008年
 Paperboy(JQ)   吸収2.8億円 2300円→2300円(約2.1倍化)
★2007年
 トレジャーF(マザ) 吸収3.3億円 12万円→35万円(約2.9倍化)
★2007年
 eBASE(HC)    吸収1.8億円 18.5万円→119万円(約6.4倍化)
 マルマエ(マザ)   吸収11億円 47万円→114.9円(約2.1倍化) 
 朝日ネット(東2)  吸収43億円 400円→385円(-3.8%)  



上記のなかでさえなかったIPOを見ると、まず昨年ラストで、吸収115億円一建設が、公募同値でした。直近公募割れしたテラ・プローブ(110億円)以上の規模で公募同値が精一杯だったのでしょう。
そして2006年の朝日ネット、3銘柄同日というもありましたが、吸収43億円と3銘柄のなかで最も大きい規模ということあり、唯一の公募割れ銘柄となっています。    ⇒ にほんブログ村・IPOへ

また初値が飛んだ銘柄の筆頭をみると、6.4倍化記録的な大化けIPOとなったeBASEは、規模の小ささも記録的で、わずか1.8億円の超々軽量案件でした。そして2倍超の初値となったPaperboy&coトレジャーファクトリーなども吸収2~3億円級の軽量案件でした。当時の地合いは今より良かったというはありますが、トレジャーFはリサイクルショップ、マルマエは半導体関連とネット系ほどの人気業種ではありません。軽量感、品薄感で初値に火がついた面も大いにあったようです。

◆21日に上場するIPO:日本メディカルネット
上記データから、初値高騰には吸収金額5億未満の超軽量が理想的でしょうか。日本メディカルの吸収金額は11.6億円、今年のなかでは超軽量とまではいえませんが、地合い回復と新興優位の現在では、ストレスを感じさせない規模と言えるでしょう。新興市場の好調という後押しもあり、21日の初値結果が楽しみですね。

   にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ           ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイバーエージェントFX】最大2万円プレゼント
口座開設+取引1回で、最大20000円(3千円~2万円)をプレゼント! ★12月30日まで!
   ミニノートPCを全プレ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【FX24】最大30,000円プレゼント!入金10万円~
入金は10万円から、取引1万通貨でもOK(12/30日まで)
   FX24【インヴァスト証券】