不動産素人の株式投資家が挑戦した! リスク分散型不動産投資術(JACKさん著)
ある程度株やFXでの利益が積みあがってくると、誰もが1度は「不動産投資」を考えるものではないでしょうか。実際、リーマンショック後の中古マンション等の価格は素人目にも「ここまで下がるか!」と思わせるものがありました。

しかし、実際に不動産投資をやってみようとしてもわからないことだらけ。株式なら投資額10万円以下でも勉強がてら購入できますが、やはり不動産投資となるとケタが違います。少なくとも最低限の予備知識は不可欠です。

   不動産素人の株式投資家が挑戦した! リスク分散型不動産投資術
                   (↑クリックで拡大)

本書は、あのJACKさんが、0から不動産投資に参入し、短期間のうち不動産資産5000万円以上・家賃月収40万円を達成した過程が詳細に書かれています。個人向けの不動産入門書はいくらでもありますが、特筆すべきは、徹底して「株式投資家」の視線で書かれているところです。

「不動産投資には、本当に株やFXよりメリットがあるのか?」
全てを疑ってかかるシビアな投資家目線で、様々な角度から比較・検証。そして不動産投資に乗り出す過程〜実際の不動産購入・売却まで、自らの実体験をもって綴られています。

もちろん既に不動産投資をしている方にも、随所に実戦を交えたテクニック・交渉術があり、必見です。そして特に、株式投資から不動産投資を考えている方には、極めて実戦的な一冊となるでしょう。難解な専門用語等は少なく、誰にでも読みやすい内容です。

7/8〜7/15日までのご購入で特典が付きます。詳細は、⇒ 出版記念キャンペーン