9206 スターフライヤー (東証2部・大和証券主幹事)
   上場日     12/21日
   BB期間   12月5日〜12月9日           にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
   ■事業内容:北九州空港を拠点とした航空運送事業
   公開株数:公募14万株  売出:6万株  OA:3万株
   想定価格:3180円(吸収金額:最大約7.3億円)
   幹事団:
    大和証券(主)  SMBC日興証券   みずほ証券   野村證券
    東海東京証券  マネックス証券   三菱UFJ証券
    東洋証券     エイチ・エス証券

   
---------------------------------------------------------------------------

IPO スターフライヤー 新規承認
スターフライヤーは、北九州空港に本拠を置く新興の航空会社です。筆頭株主は米国の投資ファンドですが、2位以下の大株主には、TOTO、安川電機、九州電力、日産自動車などの著名企業の名があります。
業態が近いスカイマークのマザーズ上場に対し、こちらは東証2部への上場となります。

主幹事は大和証券、今年は大和の主幹事が目立ちます。三井住友という守護神が無くなりましたが、IPOではその分以上に奮闘してくれました。

業績と上場規模  IPO
ここ5年間で、売上げは約1.5倍とまずまずの伸びですが、19〜21年は連続赤字に苦しみ、IPOが先送りになった経緯がありました。直近2年の利益の伸びは大きいものの、燃料価格や他社との競合に左右されやすい面がありそうです。こちらも、配当は実施していません。

発行想定価格は3180円、1枚あたり31.8万円と最近では ややネガサ案件になります。全公開株数は23万株(2300枚)と少なく、吸収金額は7.3億円弱程度。東証2部案件としては軽量になります。

参考銘柄と見通し
航空会社の上場銘柄は少なく、スカイマーク(マザーズ)、全日空(東1)、郵船ロジステック(東1・航空貨物)になります。

意外と小規模で登場しましたが、スカイマーク(HIS系列)ほどの知名度はなく、ローカル色の強さも気になるところ。
 直近で参考になるような同業種のIPOはなく、スカイマークのIPOは、10年以上前の2000年で、初値は15万円→15万円と公募同値でした。スカイマークと同様に、IPOによる資金調達→投資→成長に期待すべきかもしれません。東証2部のIPOは、堅実・安定感が意識されることが多く、業種人気的にも平凡です。

※ただ1つ、ANAのように、株主優待の可能性があれば、人気化の芽がでてきそうです。
※かつての エア・ドゥやJALの破綻によるネガティブイメージも。

IPOブロガーの スターフライヤー の評価記事は?  ⇒ ブログ村・IPOへ

     にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ               ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【外貨オプション】 口座開設だけで3000円相当がすぐもらえます!

 ■■■新:外貨オプションキャンペーンで3000円相当を即プレゼント!■■■
※口座開設だけで3000円相当のポイントが付与され、このポイントを使って得た利益が出金可能になります。同時に1,500円づつ、円高と円安ポジションを購入すれば、3000円出金可能になります。
※すでにGMOクリック証券のFX口座・証券口座をお持ちの方もプレゼントの対象になります。


外貨オプションとは、10分後に円安か円高かを予想するだけのわかりやすい取引です。最低購入額100円より取引可能です。

         矢印  左開設はこちらから。