-----------------------------------------------------------------------------
国内大手運用会社で初登場 日興アセットマネジメント 12月15日上場
【日本証券新聞  2011年11月18日】  ⇒ にほんブログ村・IPOへ

日興アセットマネジメント(7156)の東証上場が16日に承認された。上場日は12月15日。

上場に伴う新株発行は行わず5415万8800株の売出し(国内市場で1987万4800株、海外市場で3428万4000株)を実施する。このほかオーバーアロットメントで最大298万1200株の売り出しを行う。売出し人は親会社の住友信託銀行で、保有株(1億7986万9100株)の3割相当を放出する格好。

売り出し想定価格(840円)から算出した時価総額は1654億円、資金吸収額は最大で約480億円。2011年IPO(新規上場)案件では、12月14日上場のネクソン(3659)に次ぐ、今年2番目の大型IPOとなるが、資金吸収額はネクソンのほぼ2分の1、昨年12月上場の大塚HD(4578)のほぼ4分の1。また、国内割当株数ベースの資金吸収額は約167億円で、この観点では東証案件としては大型IPOとは言い切れない。

運用会社の上場は、01年12月上場のスパークス・グループ(8739・JQ)、06年6月上場のアストマックス(8734・JQ)に続く3社目、国内大手運用会社では初のIPOとなる。

日興アセットマネジメントといえば、ジャズシンガーの綾戸智恵さんを起用したテレビコマーシャルを記憶している方も多いだろう。同社は04年のティモシー・マッカーシー会長およびビル・ワイルダー社長の就任後、ブランドイメージが一新され、運用資産残高は両トップ就任当時の6兆円に対し、07年に 13兆円超、足元は海外子会社や持ち分法適用会社を含めて20兆円を超えた。

国内において50年以上の歴史を持ち盤石な体制を築いた同社は、近年は海外運用体制の拡充も推進。今年3月にオーストラリア・ニュージーランドの資産運用大手ティンダル・インベストメントを買収し、9月にはシンガポールの金融大手DBS傘下の運用会社も買収した。これによりアジア太平洋地域10の国・地域に事業展開のベースを確立した。

アジアは投資信託市場が発展の初期段階と目されている。GDP(国内総生産)に占める運用資産残高はシンガポール、マレーシアがそれぞれ13%、中国も7%と低水準にとどまっているが、経済成長を背景に今後の運用資産残高の予想増加率はそれぞれ10%、18%、22%と高い伸びが期待されている。(Q)
   IPO
-----------------------------------------------------------------------------

IPOブロガーの IPO日興アセット の評価記事は?  ⇒ ブログ村・IPOへ

来週より東証・大証の取引時間が延長になります(昼休み短縮)
週明けの21日から、前場の取引時間が30分延長になり、11時30分の終了となります。
大きな影響はなさそうですが、「前場引け成り注文」等を出す場合はご注意を。


     にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ               ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

外為ジャパン 取引1回で5000円、さらに最大1万円キャッシュバック!

   外為ジャパン キャッシュバック
  新規の口座開設+1Lotの取引で5000円プレゼント!
  500Lotの取引で、さらに5000円プレゼント!合計10000円プレゼント!

    外為ジャパンCFD 矢印  左口座開設はこちらから