◆8601:大和証券グループ本社 (東証1部・貸借 )の株主優待
■ 権利確定3・9月(末)       にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
■優待内容:(1)地域名産品 (2)ポイント付与 (3)「会社四季報」
1,000株以上: (1)2,000円相当または(2)2,000ポイントまたは(3)1冊
3,000株以上: (1)2,000円相当または(2)2,000ポイントまたは(3)1冊から2点選択
5,000株以上: (1)5,000円相当または(2)5,000ポイントまたは(3)年2冊
10,000株以上: (1)5,000円相当または(2)5,000ポイントまたは(3)年2冊から2点選択
※優待品に代えて社会貢献活動団体への寄付選択可

★カレンダー (3月のみ・要申込み)   


大和証券グループの株主優待品カタログが届きました。日本各地のグルメ名産品、「会社四季報」、「交換ポイント付与」を含め24点から選択でき、別にカレンダー(3月)ももらえます。

  大和証券 株主優待 優待品 
                (↑クリックで拡大)

「ポイント付与」を選択すると、有効期間中はポイントに応じて(=チャンス回数が増える)、ネットでのIPO抽選確率がUPするシステムになっています。
今回、株価が安いのをいいことにに5000株で収得しました。。。ただご存知のように「チャンス抽選」が有効なのはダイレクトコースのみで、支店口座はIPO確率UPの恩恵はありません。残念。
チャンス抽選の優遇が適用されるのは、ダイレクトコースのみですのでご注意下さい。

⇒IPOチャンス当選の詳細はコチラ(大和証券HP)

大和証券:IPO抽選のチャンス回数とは?

 チャンス回数とは、「新規公開株式抽選参加サービス」のチャンス抽選に際して、当選チャンスを増減させる数字で、チャンス回数が大きくなるほど当選確率が高くなります。
 なお、チャンス抽選は「ダイワ・ダイレクト」コースのお客様のみを対象に、原則として当社販売数量の5%分について当選を決定するものです。チャンス回数は、下表の通り、交換ポイント残高が多いほど、大きくなります。

   IPO抽選 チャンス回数 大和証券  人気ブログランキングへ


チャンス抽選、本当に当たりやすくなるのか?   ⇒ にほんブログ村・IPOへ
昨年まではずっとダイレクトでしたが、個人的にはチャンス当選の効果は、多少はあると感じていました。(平幹事IPOはともかく、株数のある主幹事案件や大型ではチャンス当選もたまにありました)

ところが、読者アンケートをお願いしたところ、賛否両論あるようです。「チャンス回数が上げっても当たらない」という声が複数ありました。
「チャンス抽選」自体は、機械的な完全抽選のはずですから、確率的には当たりやすくなりそうですが、あまり効果が実感できない、ということでしょうか?
 (引き続き、チャンス当選に限らず大和IPOについてのご意見をお願いします。)
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 

「ネットより参加 全然当たらない」 : ないよりマシ位か? (男性/50代/愛知)
「ネットより参加 全然当たらない」 : 全然当たらない。主人はたまに当たるので、男性と女性で差別されている感じがします (女性/40代)
「ネットより参加 全然当たらない」 : チャンス回数意味なし。。(><) (男性/30代/大阪)
「大和IPOについて一言」:チャンス回数8回ですが、チャンス当選がほとんどない(男性/50代/千葉)
「大和IPOについて一言」: チャンス回数2回の時は時々当たりましたが、10回になったらまったく当たらなくなりました。
「ネットより参加時々・少し当たる」: 両方からBBしますが、「チャンス当選」は意外と当たります

          にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ           ⇒ にほんブログ村・IPOへ