エイチ・エス証券、ここまでのIPO実績、主幹事多数、大化けIPOも 
エイチ・エス証券、ごく最近IPOをはじめた方にはピンとこないかもしれませんが、現在までにIPOの主幹事実績がなんと31社もあり、古参のIPOファンにとっては必須の口座になります。(もちろん自分も数年以上前に口座開設済みです!)

 ★取扱いIPO実績より(2002年〜の主幹事実績=約30社 幹事実績はさらに多数!)
  ・メディアフラッグ(副幹事):  900円→1210円(約2.35倍)
  ・アクトコール(副幹事):    1200円→2500円(+47.1%)
  ・ジョルダン(主幹事):     440円→800円(+81.8%)
  ・ベリトランス(主幹事):     60万→135万(約2.2倍)

         
            ⇒ エイチ・エス証券(←キャンペーン詳細はコチラ)


エイチエス証券、東証より『主幹事候補証券会社』の1社として認定済み
  ⇒ http://www.tse.or.jp/listing/b_listing/index.html (東証HPにも記載済み)


2012年 東証より『主幹事候補証券会社一覧』に16社のなかの1社として認定。今までに計30社の新規公開株の主幹事案件に携わる。(HS証券公式HPより)

主幹事候補証券会社に正式認定されており、主幹事として東証より公認された数少ない証券会社の1つになります。
近年はごく一時的に、主幹事・幹事業務からは遠ざかっておりましたが、昨年あたりからまたたびたび幹事に登場するようになりました。(2012年のIPO取扱いは10社、うち1社が主幹事案件)

SBI主幹事とのコンビネーションによる副幹事も多数です。最近副幹事という表現は使われなくなりましたが、主幹事に次ぐ2番手の幹事で、配分株数も2番目に多い位置になります。

             

10/4日上場(BB9/17〜9/24)のIPO バリューHR(JASDAQ)で副幹事! 今年のIPO幹事、実績多数!   IPO バリューHR(6078)の銘柄情報はコチラ
IPO バリューHR(6078)では副幹事(2番手)幹事となり、割当株数に期待。そのほか最近では、サンワカンパニー、アメイズ、ジェイエスエスなどで幹事証券をつとめました。

また、IPOの当選確率というものを考えた場合に特筆すべきは、大手ネット証券と比べてまだまだ口座数が少ない、という点です。IPO当選確率というものは、最終的には分母(BB口座数)と分子(割当株数)からの確率論に過ぎません。
 

今なら口座開設+各種取引で 現金30,000円プレゼント! 10/31日まで
今なら口座開設後の各種取引で、30,000円現金プレゼントを実施中です。

小額取引の手数料も業界最安水準。例えば、約定代金10万円未満の手数料は信用が100円、現物が140円業界最安水準です。小口の株主優待取引などで強みを発揮します。またスマホからのユーザーにも超オススメ!
            

      HS証券 30,000円現金プレゼント
                  (↑クリックで拡大)