中国豚肉加工の万洲国際、香港IPO公開価格は仮条件レンジ下限の公算=IFR[香港 28日 ロイター] - 中国の豚肉加工大手、万洲国際WHグループ、旧社名・双匯国際) は、香港市場での新規株式公開(IPO)の公開価格を仮条件レンジの下限に設定する公算が大きい。トムソン・ロイター傘下のIFRが報じた。

同社は先週、投資家の需要が弱いことから、IPOの規模を当初予定の約3分の1大幅縮小した。
IFRによると、規模修正後は株式公開数を上回る応募が集まった。仮条件レンジは1株当たり8.00─11.25香港ドルとなっている。

2つ合わせて最大50,000円相当GETできます!2014年5月31日まで!  
          


◆香港IPO:万洲国際(WHグループ、旧社名・双匯国際)
 【事業内容】:世界最大の豚肉加工会社(加工食肉・生鮮豚肉)
 【仮条件 】:1株あたり 8.00香港ドル〜11.25香港ドル
 【発行価格】:4月29日(火)<香港時間>決定予定

   WHグループ (香港IPO)    

WHグループ、中国最大手でかつアメリカの同業大手も傘下に納めています。
IPO規模を大幅縮小したうえで、最下限での公募ということで、先日の西武HDを見ているかのようです。日本では野村大和が共同主幹事(BBは既に終了)、不人気につきDさんから産廃物処理いや、BB申込みの勧誘がありました。ついつい電話にでてしまったのが運のつき、最低限(45万円位)お付き合い済みです。

とにかく外国IPOは各種手数料(為替交換・取引等)が高くつきます。国内IPOは+1%の上昇でもネット証券なら微利益となりますが、外国株IPOは+4%〜5%弱以上の上昇がないとペイしません。公募購入した時点で4〜5%のハンディを背負っている状態になるので、有利な戦いとはいえませんね。


5月IPO 東武住販 (JQスタンダード) の幹事団   IPO 東武住販〜銘柄紹介 
  ★東洋証券  東海東京  SBI証券  SMBCフレンド 岡三証券
   エイチ・エス証券  エース証券  ふくおか証券  西日本シティTT証券


IPO 東武住宅の評価はこちらからチェック! ⇒ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
   (IPOブログランキングにジャンプします) 
----------------------------------------------------------------------------
岡三オンライン証券のIPO〜開設で投資本「手堅く儲かる 国策100銘柄」を全プレ!
【2000円金券が到着!】むさし証券キャンペーン!/ むさし証券のIPO実績は?
政府、NISA枠の3倍拡大を検討へ!(IPO対応済みの証券会社/NISAの注意点)

【IPO 東武住販】 ネットから申し込みできるオススメ証券会社 

SBI証券:取扱いIPOはトップ級の多さ、ネット証券で唯一主幹事あり!IPOチャレンジポイントをためれば、いつか必ずIPOに当選できます!
           

エイチ・エス証券:IPO主幹事もできる実力派ですが、口座数まだまだ少ない狙い目証券!
         
  
----------------------------------------------------------------------------