ステーキのあさくま、15年春メドに上場
東海・関東地方が地盤のステーキ店チェーン、あさくま(名古屋市)は2015年春をめどに東証マザーズ市場に上場する方針だ。消費回復を追い風に関東への出店を強化している。上場で知名度を高めるほか、出店費用の調達につなげる。

主力業態「ステーキのあさくま」を中心に5月末時点で54店を展開する。うち関東が5割弱を占めるが、今後も市場規模が大きい同地域への出店を増やす。15年3月期は15店の出店を計画し、大半を関東とする。客単価は1700円前後で、家族層の需要を取り込み業績は好調だ。14年3月期の連結売上高は前の期比21%増の45億円、経常利益は45%増の4億円だった。

同社はジャスダック上場の厨房機器販売大手、テンポスバスターズが発行済み株式の約6割を持つ。上場後もテンポスは株式の5割程度を持ち、子会社とする考え。
活発な個人消費を背景に、外食企業の株式上場が増えそう。7月10日に焼き鳥チェーンの鳥貴族、9月にすかいらーくも上場する見通し。 (日経速報ニュース)

IPO取扱開始の安藤証券〜口座開設を申し込みました!

   ステーキのあさくま  

ステーキのあさくま(本社:愛知県名古屋市)については、優待族の方に知名度が高いかも知れません。昨年、大株主のテンポスバスターズ(2751・JQ)が、ステーキのあさくまの食事券の株主優待を新設して、かなり人気化したからです。当時から、あさくまの上場観測はでていました。

ただ業種(飲食業)や規模感などからJASDAQ上場が濃厚と見ていましたが、マザーズ上場になるそうなので、初値的にも期待できそうです。

サラダバーもあるステーキ・ハンバーグ店ですが、「ステーキガスト」や「けん」より高単価。類似イメージは、「ステーキのどん」(吉野家傘下)・「ステーキ宮」(コロワイド)・「ブロンコビリー」など。

安藤証券が IPO取扱い開始!〜過去の取り扱いIPOは?
7月22日より安藤証券のネット「美らネット24」(ちゅらネット)にて、IPO・POの取り扱いを開始!
           


IPO 鳥貴族の初値予想は? ⇒ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
   (IPOブログランキングにジャンプします)