ふるさと納税は、基本的に一定額以上の納税をしている方ならメリットがありますが、自分のように毎年必ず確定申告しているなら「やらなきゃ損」レベルのお得感があります。「面倒くさがりの喰わず嫌い」はいいことありません、昨年からやっておくべきでした。
最近ではクレカ入金に対応しているところもあり、手間がかからない上にクレカのポイントと2重取りが可能。良いことづくめのふるさと納税、これからは毎年限度額まで寄付することにしました!

有名な島根県米子市の特典:寄付3000円以上で「米子市民体験パック」(詰め合せ)
    ふるさと納税 お礼品

同じく米子市の特典:寄付1万円以上で上記パック特産品(5千円相当)の中から1品がもらえます。「大山ハム:ハムソーセージ 7つの味詰め合わせ」を選択しました。
    ふるさと納税 お礼の品
安藤証券が IPO取扱い開始!〜過去の取り扱いIPOは?
7月22日より安藤証券のネット「美らネット24」(ちゅらネット)にて、IPO・POの取り扱いを開始!
     

安藤証券「美らネット24」の口座開設が完了しました!


◆【ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは】
任意の地方自治体(ここでは都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除される日本国内の個人住民税の制度。ただし一定の制限や限度がある。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。(Wikipedia)

 ふるさと納税 入門&参考サイト (仕組みは簡単です!)
ふるさと納税の具体的なやり方や、年間の寄付限度額等は下のサイトで確認できます。年収・納税額や家族構成など入力すれば、大体の限度額が表示されます。便利なクレジットカード入金OKなところやお礼の品(特産品)もでています。

ふるさと納税応援サイト「ふるさとチョイス」
わが街「ふるさと納税」 (City Do!)

特産品別(牛肉・フルーツ等)に人気ランキングも掲載されており、上位の自治体はほぼお得感が高いところといっていいでしょう。寄付金額は、5千円・1万円〜が一般的で、1つの自治体に3万円寄付するより、1万円づつを3つの自治体の寄付した方がお得感があるようです。

株主優待より小額で楽しめ、株のようなリスクはありません。あえて言うなら、特産品の種類があり過ぎて選ぶのに困ってしまうこと。また人気特産品は、あっという間に売り切れになってしまうことぐらいが難点でしょうか。。。このあとも、秋にかけてフルーツなどが収穫後に届く予定です。

IPOブロガーの夏枯れ対策は? ⇒  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年後半のIPOに備えて ぜひ準備しておきたい穴場系の証券会社
安藤証券「美らネット24」 7/22日よりIPO取扱い開始!口座数は不明ながら極端に少ないと思われ、ライバルの少なさで間違いなくTOP級でしょう。
岡三オンライン証券のIPO詳細・抽選ルール
岩井コスモ証券 メタボ、イーグラント、アーキテクツSJなど全銘柄ネットから申込み可能。
丸三証券 平幹事がかなりあり。IPO 白鳩が当選しました! ⇒ コチラです
むさし証券 日本アクア、ANAPなど全銘柄ネット(トレジャーネット)から申込み可能

    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
政府,NISA枠の3倍拡大を検討へ(IPO対応済の証券会社/NISAの注意点)