SMBC日興証券 キャンペーン プレゼント
【10月IPO】 注目度No.1&最も期待できるのは?・・・ の続きを読む
【戴いたコメント】
 GMOメディア:予想では20万以上の利益を得になってた。
 AppBank:ですかね。。
 GMOメディア:10月IPOで最もネガサの想定2740円、当たれば旨みがありそう。


2015年10月IPOチェック〜注目度ナンバーワンはAppBank パートナーエージェント、バルニバービも要マーク

大型案件となる郵政3社の上場前月にあたる10月は、ものの見事にマザーズ案件一色。表の通り、市場からの資金吸収額はグリーンペプタイド(4594・東マ)以外は、荷もたれ感が強く意識される水準ではない。
 銘柄選別に厳しい市場関係者からは「10月は業態面でこれといって魅かれる案件はない」との声が聞かれるが、これまでの実績からブックビルディングに当選できれば比較的高い確率で好パフォーマンスをあげられることから、“鵜(う)の目鷹の目”でより良い案件を探す動きは健在だ。

★AppBank
中で注目度ナンバーワンは、アプリ、ゲーム攻略法紹介サイト「AppBank.net」を運営しているAppBank(6177・東マ)。小粒案件ではないが、上場直後の需給が比較的読みやすく、順調発進に期待が持てる。

★パートナーエージェント
軽量感に着目する向きは、パートナーエージェント(6181・東マ)に注目したい。同社は成婚率24%を誇る結婚情報サービス事業者。ツヴァイ(2417)など同業大手に比べ「利用料金は1・3倍と高いが、結婚できる確率が2倍」という実績を武器に業績を伸ばしている。
 想定価格ベースのPERは12・7倍で、ツヴァイの20倍に比べ割安。このほかの参考銘柄に上げられるIBJ(6071)は32倍、リンクバル(6046・東マ)も22倍といった水準で、割安感も手掛かりに順調発進となりそう。

★バルニバービ
バルニバービ(3418・東マ)は関東と関西を中心にピッツェリア・カフェ・ レストランを展開している。外食IPO(新規上場)はここもと「穏健発進→株主優待などの発表を機に水準切り上げ」という展開にシフトするケースが多いことから、同社についても穴株視する向きがある。

    
【GMOクリック証券】 GMO系列IPOでは主幹事より当選しやすいことも!

★GMOメディア
GMOメディア(6180・東マ)は社名の通り、GMOインターネット(9449)グループ企業。BtoC(対消費者向け)の無料サービスを手掛け、広告収入を得ている。GMO子会社は好スタートを切るパターンが多い。
 親会社のPER20倍に対し、GMOメディアは18倍と割安感はそうないが、直近の親子上場案件であるブランジスタ(6176・東マ)のような割高感はない。現時点では今12月期配当は未定だが、前期は配当実績があり、上場後の配当金額発表が株価刺激材料になる可能性はありそうだ。

★グリーンペプタイド
最後に10月最大案件であるグリーンペプタイド。同社は久留米大学由来の技術などをベースにがん免疫治療薬(がんワクチン)の開発や販売を手掛ける創薬ベンチャー。久留米大学の研究成果である200種超のがん抗原ペプチドに関し、権利を保有しており、これを使い、がんワクチンの課題克服に成功している。
 有望かつ特長ある薬剤を開発しており業態妙味は強いが、足元は先行投資ステージで今期も赤字見通し。2018年3月期近辺での黒字化が想定されている。「赤字」かつ「資金吸収額大」のバイオベンチャーからここもと公募割れ発進が続出している。同社に関しては株主構成からも売り圧力が強そうで、不人気スタートとなってしまう公算が大きい。(Q)

【IPO】 日本郵政グループ3社 あなたのBBスタンスは? (←投票・コメントはこちらから)
【IPO】 日本郵政3社のうち 最も初値が期待できるのは?(←投票・コメントはこちらから)


IPO 日本郵政3社のブロガー評価は? ⇒ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
  (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ IPO 日本郵政3社 主幹事・主要幹事(★=グローバルコーディネーター)
国内証券】  ★野村証券    ★三菱UFJ証券   大和証券  SMBC日興証券 
           みずほ証券   東海東京証券    岡三証券

【外資系証券】 ★JPモルガン証券   ★GS証券   シティグループ証券   UBS証券

委託の可能性大三菱UFJ証券→ カブドットコム証券  岡三証券→ 岡三オンライン証券

  

【おすすめの主要幹事証券&ネット証券】:ネットよりBB可能
 岩井コスモ証券マネックス証券SBI証券松井証券立花証券むさし証券安藤証券

  マネックス証券 IPO 4つのメリット