JR貨物 上場予備軍

      【当ブログ特典!口座開設+入金のみで、もれなく5,000円プレゼント!】
                                                            .
昨年の秋に上場準備観測がなされていたJR貨物の業績が好調です。以前の新聞記事では本業の黒字化や経常利益100億円等がIPOの前提とされていましたが、今回の好業績でIPOがいよいよ現実味を帯びてきました。

さらに背景には、現在大きな問題となっているヤマト運輸など宅配便の人出不足があります。
この問題を受けて、配送業者のファイズ(9325)が初値・セカンダリーとも高騰したことは記憶に新しいところです。
ネット通販成長の裏銘柄とまではいいませんが、JR貨物もこのテーマでは追い風となる業態なので、期待感が高まりますね。


◆鉄道事業初黒字、効率輸送が奏功、JR貨物、前期営業益5億円。
JR貨物は28日、2017年3月期決算を発表した。本業の鉄道事業の営業利益は5億円と、部門別の収益を公表し始めた07年3月期以降で初めて営業黒字を達成した。トラックから鉄道を使って貨物を運ぶモーダルシフトに加え、輸送も効率化した。ただ燃料などの鉄道コストが上昇基調にあるなか、鉄道事業の改革が求められそうだ。

連結売上高は1902億円と前の期比0・5%減、連結経常益は43・4%増の103億円。連結最終益は2・4倍の129億円だった。貨物輸送量が増加基調にあることなどが寄与した。

同社には追い風が吹く。トラックの運転手不足に加え、貨物の輸送距離が500キロ未満の案件でも依頼が舞い込んでくるなど、いまは水面下で100件ほどの新規契約交渉が進む。

同社はかねて上場できる体制作りを進めていくと表明していた。本業の黒字化はその一つ。他にも持続的に100億円の連結経常利益を上げることなども目標として掲げている。(2017/04/29 日本経済新聞)



GW明けのIPO新規承認情報は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年後半のIPOに備えての狙い目証券会社は?
東海東京証券年末IPO グレイステクノロジーで主幹事!年初IPOの バリューゴルフ と ブラス (共にマザーズ)でも主幹事!、平幹事も多数実績あり。
       

岩井コスモ証券:今年も早速アカツキ、ヒロセ通商、中本パックスなどで幹事。昨年も幹事実績は多数!
        

むさし証券バリューゴルフ、LITALICO(りたりこ)、ヨシムラ・フードHD、などで正規幹事に!口座数はまだまだ極少!