物流系リート

【 最新IPO SYSホールディングスで主幹事、GameWithで幹事!】
                                                       .

◆ 物流REIT上場へ、菱地所、年内にも、物件開発資金に。

三菱地所物流施設に特化した不動産投資信託(REIT)を上場させる方針だ。すでに東京証券取引所への上場準備に着手した。早ければ2017年内にも上場する見通し。当初の運用規模は数百億円程度とみられる。保有する物件をREITに売却し、新たな開発資金を得る狙い。インターネット通販の普及で拡大する物流施設の需要を取り込む。

菱地所はすでに福岡県久山町や神奈川県厚木市で物流施設を開業し、今夏には神戸市、18年春に千葉県習志野市でそれぞれ施設が完成する。このほか大阪市などでは他社との共同事業で開設を計画している。REITはこれらの保有物件のほか、他社が開発した施設も組み入れるとみられる。

今後は全国で年間2〜4カ所ずつ完成させる方針。物流施設は同じ総合デベロッパーの三井不動産に加え、物流専門の開発会社もあって競争が厳しい。菱地所は三菱グループや既存ビルに入居するテナント企業との情報網を活用して物流施設の需要を取り込み、シェアを高めたい考えだ。

【IPO準備中:2-1】 SBIグループ企業が上場準備、主幹事を選定!


このところのリートの新規上場というと公募割れが多く、さえないイメージがつきまとっています。そんな状況下で、物流施設特化型リートは唯一の健闘しているジャンルかも知れません。

公募割れのオンパレードとなった2016年のリートの中でも、三井不動産ロジスティック(3471)とラサールロジポート(3466)はプラス初値の結果を残しています。背景にはインターネット通販の急成長があります。 

さらに三菱地所がスポンサーということで、国内リートにおいては最上級のバックボーンになります。


IPO エコモット(3987) 、ブロガー予想は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来年2017年後半のIPOに備えて ぜひ準備しておきたい穴場系の証券会社
東海東京証券:マザーズIPO グレイステクノロジーで主幹事!主幹事実績は多数!
岩井コスモ証券:幹事多数!ZMO、セグエグループ、リネットジャパンで正規幹事!
むさし証券:マザーズIPO グレイステクノロジーで で正規幹事に!
岡三オンライン証券当ブログ経由の口座開設でもれなく5000円プレゼント!
カブドットコム証券 三菱UFJが幹事のIPOのほとんどがBB可能!特に大型が狙い目。
GMOクリック証券IPO エステルがBB可能に! 今後のGMO系IPOにも期待!
丸三証券 マルサントレード IPO グットコムアセットで幹事!