IPO マネーフォワード

【5000円プレゼント!好評につき9/30日まで延長されました!】
                                                          .

マネーフォワード、マザーズ上場へ 家計簿アプリ大手
金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックを主力とするベンチャー企業、マネーフォワード(東京・港)が東京証券取引所に株式を上場する。既に上場申請を済ませており、早ければ9月にも上場できる見通しだ。家計簿アプリの大手でネット経由で会計ソフトも提供している。公募増資で調達する資金で営業拠点を増設し事業規模の拡大を目指す。

上場する市場は新興企業向けの東証マザーズとみられる。上場時の株式の時価総額は100億〜200億円程度を想定しているようだ。

マネーフォワードは2012年に設立した。スマートフォンで使う自動家計簿アプリを提供している。銀行や証券口座、クレジットカードや電子マネーを登録しておくと入出金や買い物の履歴を自動で記録し、口座の残高も確認できる。使い勝手の良さが受けてアプリの利用者は500万人を超えた。

税金の確定申告や企業の決算作成を支援するサービスもネット経由で提供している。16年11月期の売上高は約15億4000万円、最終損益は約8億8000万円の赤字だった。現状では営業拠点の開設や広告宣伝などの費用が先行し利益を圧迫しているようだ。

17年の新規株式公開(IPO)は80〜90社程度と高水準になるとみられている。フリーマーケットアプリのメルカリ(東京・港)も年内に上場する見通しだ



マネーフォワード、この会社もZMP並みに以前からIPO予備軍とされていましたが、いよいよ早ければ来月9月にも東証マザーズに上場する模様です。

レシートをスマホ撮影するだけで自動作成される自動家計簿アプリや、証券銀行口座など複数口座の一括管理など利用している方も多いのではないでしょうか。

家計簿アプリ加え、クラウドの会計ソフト・給与管理ソフト等も手掛けています。IPOでは「スマホアプリ」や「クラウド」という枕詞が付くだけで人気化しますが、マネーフォワードは本格的なフィンテック関連(金融とITの融合)とされています。
既上場のフィンテック関連銘柄はかなりありますが、IPOでここまで関連性が高い銘柄は無かったので注目を集めそうです。

けっこうな大型かと思っていましたが、記事によれば時価総額100億〜200億となっています。オファリング比率は不明ですが、マザーズでも大型ではなくそこそこの吸収金額に収まりそうです。
早ければ9月上場ということで、今週・来週にもIPO承認が発表される可能性あります。大物IPOのメルカリも上場申請中とのことで、秋以降のIPOが楽しみになってきました!


3991 ウォンテッドリー、IPOブロガーの評価は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年後半のIPOに備えての狙い目証券会社は?

むさし証券前金不要でIPO申込みが可能になりました!早速、IPO トランザスがBB可能に!
       

東海東京証券年末IPO グレイステクノロジーで主幹事!年初IPOの バリューゴルフ と ブラス (共にマザーズ)でも主幹事!
、平幹事も多数実績あり。
       

岩井コスモ証券:今年も早速アカツキ、ヒロセ通商、中本パックスなどで幹事。昨年も幹事実績は多数!