2017年 大納会
 
【期限まであとわずか! 5,000円プレゼント、12月31日申込み分まで!!】
                                                           .

◆IPO初値一覧 17年は9割の銘柄が公開価格比で上昇
26日にオプティマス(9268)が東証2部に上場し、2017年の新規株式公開(IPO)が出そろった。日経QUICKニュース(NQN)の集計によると、今年IPOした89銘柄のうち、初値が公開価格を上回ったのは81銘柄と約9割を占めた。このうち初値が公開価格の2倍以上になったのは43銘柄に達した。上昇率最大は11月29日にジャスダックに上場したTワークス(3997)の6.2倍だった。株式相場全体の上昇を背景にIPOの活況が続いた1年だった。

17年のIPO銘柄数は16年(83)から6増え、15年(92)以来の高水準だった。集計対象には株式移転に伴う親会社上場や他市場からのくら替え・重複上場、外国企業の上場、プロ投資家向け市場の「TOKYO PRO Market」への上場を含まない。一方、プロ向け市場から既存の新興市場などへの移行案件は含めた。


日経平均は2万2764円で今年の取引を終了しました。年間ベースでは6年連続の上昇で1991年以来、26年ぶりの高い水準とのことです。
大納会にはその年に活躍した著名人が招かれますが、「今年の顔」として囲碁棋士の井山裕太氏が参加されました。

IPOに関して言えば、例年以上にハードな12月上場駆け込みラッシュでしたが、今年はマザーズ軽量のスター的IPOがとても少なく、ちょっと地雷っぽい大型案件が目立ちました。東証2部の地味IPOや、東証1部でも再上場やファンドの出口っぽいIPOが少なからずありました。

終わってみれば公募割れも若干ありましたが、ほとんどが事前予想より好調な結果を残しています。超大型のSGHDでセカンダリーで暴騰したり、吸収30億円級の東証2部IPOがセカンダリーでストップ高したり・・・。規模感があるIPOを持ち上げるには強力な流動性(資金パワー)が必要ですから、この辺りから地合いの頑強さというものを思い知らされましたね。


2018年のIPO情報は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
  (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来年2018年のIPOに備えての狙い目証券会社は?

むさし証券前金不要でIPO申込みが可能になりました!口座数はまだまだ極少!
       

東海東京証券年末IPO グレイステクノロジーで主幹事!年初IPOの バリューゴルフ と ブラス (共にマザーズ)でも主幹事!
、平幹事も多数実績あり。
       

岩井コスモ証券:今年も早速アカツキ、ヒロセ通商、中本パックスなどで幹事。昨年も幹事実績は多数!