2017年 IPO  リート編
 
【 5,000円プレゼント!大好評につき2018年3月末まで延長されました!!】
                                                           .

■ 株式IPOとリートIPOの明暗

IPO(株式)の年間勝敗は90社中82勝8敗で、勝率は約91.1%と好調でした。昨年の勝率
80%(67勝15敗1分)と比べても強さが目立ちましたね。

一方で鳴かず飛ばずだったのが、REIT・インフラFの新規上場(リートIPO)でした。
まず上場銘柄数が、2016年の年間9本から今年はわずか4本まで急減しました。その4本にしても、2勝2敗と50%の低勝率でした。初値上昇率も1%台と5%台と低く、株式の大型案件:SDHDの上昇率(+17.3%)と比べても見劣りします。分配金狙いの長期保有なら別ですが、短期のIPO投資としての魅力はほとんどありませんでした。

2017年 REIT・インフラファンドIPO 初値結果
10/30 カナディアンソーラー  公募10万 ⇒ 初値9.5万    (-5.00% 公募割れ)
09/14 三菱地所物流リート   公募26万 ⇒ 初値27.4万   (+5.38% )
03/29 日本再エネルギー    公募9.3万 ⇒ 初値8.92万   (-4.09% 公募割れ)
02/07 森トラホテルリート    公募14.3万 ⇒ 初値14.5万  (+1.4%)


そして既に発表されてますが、2018年の第1号はリートIPOになります。CREロジスティクスファンド(3487)で、主幹事はSMBC日興証券です。普段なら蚊帳の外となりがちなリートIPOですが、新年第1号となれば注目を集めそうですね。


年末 ご挨拶
年末年始のご挨拶 2017年IPOをふりかえると、IPOの成果という点では想定以上にありがたい結果となりました。今年の大型らしい大型はSGHDのみでしたが、来年は複数の大型案件に期待したいところです。

一方、厳しかったことは、私ごとで恐縮ですが、アフィリエイト(ほぼ証券開設のみ)がシャレにすらならない位落ち込んでいることです。ブログ運営という立場では、抜本的な対策が必要になっています。(投資関係の利益からみれば小さなことに過ぎませんが)

今年も拙ブログのご愛読ならびに 沢山の応援クリックありがとうございました。読者の皆様そして相互リンク先サイト様に感謝の念で一杯です。

来たる新年は戌(いぬ).、どうか良いお年をお迎え下さい。2018年も引き続き宜しくお願い致します。




【新年IPO第1号 CREロジスティクスファンドで主幹事!】