マザーズ指数 新興市場


 株式:新興株は堅調、ジャスダック新高値・マザーズは11年ぶり高値 にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
[東京 24日 ロイター] 新興株式市場で、日経ジャスダック平均は4日続伸し新高値を、東証マザーズ指数は 3日続伸し11年5カ月ぶり高値を、それぞれ付けた。「大型株の急上昇が一服する中で 、中小型株での個人投資家を中心とした物色意欲の強さが目立った」(証券ジャパンの調 査情報部上席次長、野坂晃一氏)との声が聞かれた。

両毛システムズ9691.Tや大村紙業 3953.Tハイアス・アンド・カンパニー6192.Tが上昇率上位となった一方、新都ホール ディングス2776.T、ヤマノホールディングス7571.T、エルテス3967.Tが下落率上位 だった。


本日の日経平均は円高の進行もあり-183円と大きめの下落。しかし、マザーズ指数やJQ指数は続伸と強い展開でした。
新興市場のIPO上場には最強の地合いと言えそうですが、IPO 世紀が上場中止となったためマザーズ第1号のMマート(4380)上場まで、あと約1か月のブランクがあります。ちょっと本筋から離れる感があるリートIPOより、やはり新興IPOの上場が待たれます