IPO 信和
>
【マネックス証券:IPOラッシュ期には必須の証券会社です!】
.

◆3447 信和 ( 東証2部上場予定 / 野村證券主幹事  )    にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ     
  上場日:3/20日  BB期間:3/2〜3/8日  仮条件: 3/1
  ■事業内容:主に仮説資材、物流機器を中心とした金属製品の製造販売
  公開株数 売出:1199万5800株 OA:179万2600株
  想定価格:1380円/100株単位 (吸収金額:約190億円)
  幹事団
    ★野村證券  みずほ証券  大和証券  SMBC日興証券
     東海東京証券  岡三証券  岩井コスモ証券   SBI証券


IPO 信和(3447)のポイント と 初値予想

★事業内容は、主に仮設資材(くさび緊結式足場・次世代足場)、物流機器(パレット等)を中心とした金属製品の製造・販売を行っています。 類似銘柄は、アルインコ(5933)、中央ビルド工業(1971)、ダイサン(4570)、SRGタカミヤ(2445)など。

★想定価格1380円に対し、仮条件は1150円〜1300円に下ブレ決定。想定価格より窓開けのダウンで、下限では-16.6%の下ブレと弱気な設定になりました。
仮条件レンジでの吸収金額は、158〜179億円、予想PERは10.8〜12.2倍です。

★仮条件下ぶれで吸収金額は多少ダウンしましたが、東証2部案件で吸収180億円(最大)となるとかなり厳しく、荷もたれ感が意識されるでしょう。加えて、公募ゼロの売出案件(売出+OAのみ)の仕様で、売出元がVC(ベンチャーキャピタル)ですので警戒されやすいパターンになっています。業績は堅実型ですが、老舗型(1977年設立)の漢字社名でIPOで人気化するような業態ではありません。

★上のような観点から、大手予想は公募価格(仮条件)前後の微妙な予想も含んでいます。
PERで割高感は無く、配当利回りが約3.3%(仮条件上限)など下支え要因もありますが、買い材料としてはインパクト不足ですね。

IPO 信和(3447) 現時点の大手初値予想 (仮条件:1150円〜1300円) 
  初値予想 1300〜1450円 P-(4番目)  ※仮条件決定後
  初値予想◆1200〜1350円 ※仮条件決定後
  証券紙Kスタンス:やや弱気



IPO 信和(3447)、ブロガーの初値予想は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
  (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来年2018年のIPOに備えて ぜひ準備しておきたい穴場系の証券会社
東海東京証券:マザーズIPO テンポイノベーションで主幹事!主幹事実績は多数!
岩井コスモ証券:幹事多数!IPO エスユーエス や UUUMで正規幹事!
むさし証券前金なしでIPO申し込みが可能になりました!
岡三オンライン証券当ブログ経由の口座開設でもれなく5000円プレゼント!好評につき12/31日まで延長されました!
カブドットコム証券ソウルドアウト、JSBがBB可能!三菱UFJが幹事のIPOのほとんどがBB可能!
GMOクリック証券IPO エステルがBB可能に! 今後のGMO系IPOにも期待!
丸三証券 マルサントレード IPO グットコムアセットで幹事!