アラムコ、サウジのみでIPO 最短で来年4月か
サウジアラビアは国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)を巡る積極姿勢を後退させ、サウジ証券取引所(タダウル)のみ来年上場する。政府関係者や同社のIPOプロセスに詳しい複数の関係者が明らかにした。海外上場についてはその価値があるか時間をかけて判断するという。

こうした決定の背景には法的リスクを巡る懸念がある。また、原油価格の上昇で大型上場の必要性がなくなったことも一因だ。 (Wall Street Journal 2018 年 3月20日)


 【ライブスター証券:RPAホールディングス や 日本リビング保証 が前金不要でBB可能です!】