丸井
                                                                .

 丸井グループ 投資信託販売へ 大手小売業の証券参入は異例
ファッションビルのマルイを運営する「丸井グループ」が、投資信託の販売に乗り出します。大手小売業による証券事業の参入は異例で、ネット通販の拡大に押される中、新たな収益源にしたい考えです。

丸井グループは、ことしの夏をめどに証券事業に参入すると発表しました。長期の資産運用向けに、利益が20年間、非課税の「つみたてNISA」の対象となる投資信託の商品を販売する計画で、みずからが運営するクレジットカードのみで支払いができる仕組みにするとしています。

およそ650万人いるクレジットカードの会員のうち、およそ半数が20代と30代だということで、資産の運用に関心を持つ若い世代の需要を取り込み、10年後までに預かり資産で1兆円の規模を目指しています。

ネット通販の拡大で、ファッションビルでの衣料品の販売にも影響が出ているということで、大手小売業では異例となる証券事業への参入によって収益源を広げたい考えです。

丸井グループの青井浩社長は「モノからコトへと、消費トレンドが変化する中でモノだけを売っていて10年後に生き残れるのかという思いがあり、今後も金融サービスを広げていきたい」と話しています。(NHKニュース)




丸井グループの株主優待 (3月/9月)
丸井グループは以前から株主優待がありますが、2年位?前に優待変更があり使い勝手が向上しました。優待ブログなどではあまり話題になりませんが、服飾・雑貨系の買い物優待としてはかなり秀逸です。

丸井系ファッションビルのモディ(modi)のテナントでも利用できるので、通常では優待で買えない(非上場)のアーバンリサーチ、ジャーナルスタンダード、コムサ系列、TK等々のメジャーブランドで利用できます!また、優待割引しかないユナイテッドアローズ系のBEAUTY&YOUTH やgreen label relaxingでも買物券として利用できます。

株主優待:丸井


優待コンセプトとしては、イオンモールの優待(イオンギフトカード)がイオンモール内のテナントの一部でも使えるのと同じです。
ただイオンモール内テナントの周知度がマチマチなのに対し、丸井(modi)内のテナントでは比較的浸透しているようでした。比較的新しい優待ですが、都内modi内のレイジブルーですんなり利用できました。店員さんも丸井優待を周知していて、イオンモール内のテナントでイオンギフトを出すとよくとんちかんな対応をされるのに比べ、しっかり教育されている印象でした。


IPO ラクスル、IPOブロガーの初値予想は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
  (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来年2018年のIPOに備えての狙い目証券会社は?
むさし証券前金不要でIPO申込みが可能になりました!口座数はまだまだ極少!
       

東海東京証券年末IPO グレイステクノロジーで主幹事!年初IPOの バリューゴルフ と ブラス (共にマザーズ)でも主幹事!
、平幹事も多数実績あり。
       

岩井コスモ証券:今年も早速アカツキ、ヒロセ通商、中本パックスなどで幹事。昨年も幹事実績は多数!