東証、12日にソフトバンク携帯子会社の上場承認

東京証券取引所はソフトバンクグループ(SBG)の通信子会社ソフトバンク(東京・港)の上場を12日に承認することが分かった。上場日は12月19日を軸に調整しており、時価総額は7兆〜8兆円規模になるとみられる。SBGは売り出しにより2兆5000億円規模を資金調達するとみられ、今年最大の新規株式公開(IPO)になる。

東証は7月にソフトバンクから、予備申請を受け関連部門で議論を重ねてきた。SBGとの親子上場の是非などが焦点だったが、企業統治(ガバナンス)の独立性が確保できていると判断した。携帯電話事業で通信料金は引き下げ圧力がかかっているが、コスト削減を進めることなどにより収益計画に大きな影響はないと東証はみている。
上場承認後は証券会社と公開価格を決める作業に入る。SBGは調達資金を世界の有望なスタートアップ企業に出資する「ビジョン・ファンド」など投資会社としての成長資金に充てる方針だ。(2018/11/09 02:00 日経速報ニュース)


【東海東京証券:今年最後の大物IPO:ソフトバンク上場に向けて備えておきたい口座!】