■ソフトバンク、ビジョン・ファンドの上場検討=関係者
ソフトバンクグループ(SBG)は10兆円規模のハイテク投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の新規株式公開(IPO)と、少なくともSVFと同じ規模を持つ別のファンドの立ち上げを検討している。スタートアップ企業への投資を拡大するため多額の資金調達を目指す考えだ。複数の関係者が明らかにした。

ソフトバンクはまた、SVFに数十億ドルの投資を呼び込むため、オマーンと交渉している。
  (ウォール・ストリート・ジャーナル 2019 年 5 月 3 日 22:18)

 

昨年12月の超大型IPO:ソフトバンク(携帯会社)の上場はさえない結果となりました。もし10兆円!!規模という超ド級の投資ファンドのIPOが実現すれば、親会社であるソフトバンクグループ(9984)の価値は大きく高まるのではないでしょうか。