スマートニュース
                                                            .  

◆スマートニュース 「ユニコーン」に 国内3社目

ユニコーンと呼ばれる有力スタートアップ企業が日本でもじわりと増えてきた。ニュースアプリ運営のスマートニュース(東京・渋谷)が約30億円の資金調達を実施し、企業価値の評価金額がユニコーンの条件となる10億ドル(約1080億円)に達した。これにより国内のユニコーンは3社となったもようだが、先行する米国や中国との差は依然として大きい。

同社は2012年の設立で、メディアから提供を受けた記事を組み合わせて紹介するスマートフォンのアプリを開発している。日本郵政キャピタル(東京・千代田)などを引受先とする31億円の増資を実施し、開発拠点の整備や技術者の採用に充てる。

スマートニュースは日本に加えて米国で事業を展開し、両国の月間利用者は2000万人に達した。米国ではメディアのウェブサイトへの送客数で「老舗」にあたるヤフーを上回るなど成長が加速し、投資家の支持を得たようだ。

米CBインサイツによると、7月末時点で日本に本社を置くユニコーンは人工知能(AI)開発のプリファード・ネットワークス(同・千代田)、暗号資産(仮想通貨)交換会社を傘下に持つリキッドグループ(同・中央)の2社だった。昨年6月にフリマアプリのメルカリが上場してユニコーンの対象から外れ、一時はプリファード1社のみになっていた。(後略)
2019/08/05 日経速報ニュース



スマートニュースは、人気ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運営する会社で、ここ1〜2年前からIPO候補としてたびたび取り上げられていた会社です。以前の観測記事でも、マザーズではなく東証1部に直接上場、という話でした。
最近では盛んにTVCMを流しており、知名度は高いと思われますが、時価総額の大きい東証1部の大型案件ということで、極端な初値高騰は期待できそうにありませんね(T_T)


IPO ステムリム、IPOブロガーの評価は?  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由がお得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、ハピタスに無料登録、ハピタス経由の口座開設で上記ポイントが獲得できます。上記以外では、岡三オンライン証券(1500円相当)、ライブスター証券(1000円相当)、楽天証券(800円相当)、松井証券(200円相当)、野村證券つみたてNISA(3700円相当)などGET可能です。
ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もとろん、普段のネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!

ハピタス2
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



カブドットコム証券:新規口座開設+1回取引で3000円相当プレゼント!

三菱UFJ系列のネット証券ですが、超大型IPO三菱UFJ証券の主幹事IPOでは狙い目になります。これからBBがはじまるIPO あさくま でも是非申し込みたい証券会社になりますね。昨年(2018年)のIPO取り扱いは22銘柄ありました。

ポイント獲得は、ハピタス経由で口座開設完了後、60日以内に1回以上の取引(現物・信用・投信)が完了した方が対象となります。プチ株の取引も対象なので、優待用の端株取引でもOKです。

ハピタス3



SBI証券:新規口座開設+50,000円以上の入金で4000円+1000円相当プレゼント!

SBI証券はネット証券ながら、多数のIPO主幹事を務めています。ここ最近でも、IPOバルテス、ブランディングテクノロジー、インフォネットの3銘柄で主幹事、全てマザーズの人気案件です。
また他社にはないIPOチャレンジポイントという敗者復活のシステムがあるのも大きなメリットです。
昨年(2018年)の主幹事IPOは11銘柄、主幹事を含む全取扱銘柄は86銘柄あり、全証券会社中でN0.1でした。

ポイント獲得には、ハピタス経由で、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座開設が必要ですが、取引は不要で50,000円以上の入金でOKです。4000Pはハピタスから、1000円はSBI証券からのプレゼントになります。

ハピタス3


 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス