アンビスホールディングス
SBI証券 ハピタス経由で4000Pプレゼント!
【最新マザーズIPO:AI CROSSで主幹事!〜ハピタス登録後、ハピタス経由の口座開設で4000円相当を全プレ!】
                                                              .

◆7071 アンビスホールディングス( JQスタンダード上場予定 / 野村證券主幹事 )   にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ     
  上場日:10/9日   BB期間:9/20〜9/27日   仮条件: 9/18日
  ■事業内容:住宅型有料老人ホーム等「医心館」施設内における訪問看護、訪問看護、
     居住介護支援及び障碍者支援等の各種サービスの提供と施設運営による「医療施設型ホスピス」事業
  公開株数 公募:100万株 売出:10万株 OA:16.5万株
  想定価格: 2610円(100株単元) (吸収金額:33.0億円)
  幹事団
    ★野村證券
     SBI証券


会社概要 ・本社:東京都中央区  ・会社設立:2016年 ・従業員数:529人

アンビスホールディングス IPO



IPO アンビスホールディングス(7071) の主幹事・市場・想定価格・事業内容など

★9月IPOはやや少ない印象でしたが、10月IPOは順調に承認が進み、早くも5社目の承認となっています。
アンビスホールディングス(7071)は、野村證券主幹事でJQスタンダード市場に上場予定です。想定価格は 2610円(100株あたり26.1万円)と平均的で、吸収金額は約33億円です。JASDAQではやや荷もたれ感がでてくる規模になりますね。

★事業内容は、住宅型有料老人ホーム等「医心館」施設内における訪問看護、居住介護支援、障碍者支援等のサービスと「医療施設型ホスピス」事業を手掛けています。ホスピス関連のIPOとしては、今年3月に同じく野村證券主幹事で7061 日本ホスピスHD(吸収約22億円)が上場し、+46.6%の初値結果を残しています。

★市場ランクはマザーズより下とされるJQスタンダード銘柄ですが、高齢化社会、終末医療、看取りなど現代社会からは切り離すことができないテーマ性がある医療・介護関連IPOとして人気化しそうです。
ブックは積極参加となりそうですが、幹事団は野村とSBIの2社しかありません。SBIの引受株数にも期待したいところですが、前日の⇒ AI CROSS(4766)の抽選目当ての資金がそのままSBI証券に残る可能性が高そうです。

★1位、2位の2大株主を中心にほとんどの株に90日間のロックアップがかかっています。当該ロックアップには解除条項の記載はありません。また、VC(ベンチャーキャピタル)による出資もありません。


アンビスホールディングス(7071) 、IPOブロガーの評価は?  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由がお得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、ハピタスに無料登録、ハピタス経由の口座開設で上記ポイントが獲得できます。上記以外では、岡三オンライン証券(1500円相当)、ライブスター証券(1000円相当)、楽天証券(800円相当)、松井証券(200円相当)、野村證券つみたてNISA(3700円相当)などGET可能です。
ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もとろん、普段のネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!

ハピタス2
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



カブドットコム証券:新規口座開設+1回取引で3000円相当プレゼント!

三菱UFJ系列のネット証券ですが、超大型IPO三菱UFJ証券の主幹事IPOでは狙い目になります。これからBBがはじまるIPO あさくま でも是非申し込みたい証券会社になりますね。昨年(2018年)のIPO取り扱いは22銘柄ありました。

ポイント獲得は、ハピタス経由で口座開設完了後、60日以内に1回以上の取引(現物・信用・投信)が完了した方が対象となります。プチ株の取引も対象なので、優待用の端株取引でもOKです。

ハピタス3



SBI証券:新規口座開設+50,000円以上の入金で4000円+1000円相当プレゼント!

SBI証券はネット証券ながら、多数のIPO主幹事を務めています。ここ最近でも、IPOバルテス、ブランディングテクノロジー、インフォネットの3銘柄で主幹事、全てマザーズの人気案件です。
また他社にはないIPOチャレンジポイントという敗者復活のシステムがあるのも大きなメリットです。
昨年(2018年)の主幹事IPOは11銘柄、主幹事を含む全取扱銘柄は86銘柄あり、全証券会社中でN0.1でした。

ポイント獲得には、ハピタス経由で、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座開設が必要ですが、取引は不要で50,000円以上の入金でOKです。4000Pはハピタスから、1000円はSBI証券からのプレゼントになります。

ハピタス3


 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス