IPO  JTOWER
楽天証券

IPO JTOWER(4488)の配分結果ですが、主幹事ではない店頭証券(画像を見ればバレバレ・笑)で800株の複数配分となりました。IPO メドレーが公募割れしたように、相変わらず厳しいマザーズ大型案件の一角になります。株数については、ほどほどの範囲でBBしましたが満額配分ではありませんでした。

同じく複数配分となったSOSiLAリートに比べると、個人的には下ブレリスクもあるように思えます。上場時期も12月IPOラッシュの中盤にさしかかり、銘柄によっては買い疲れ感もでてくるタイミングになります。直前に上場するJMDCやフリーの初値結果からの影響も出てくるでしょう。

ただ意外だったのが、株数調整的な意味でBBしたネットのほうがことごとく落選だったことです。BB段階では意外と人気があったのかも知れません。もっとも個人のBB人気が高くても初値には影響が少なく、やはり機関投資家の買い次第と思っています。