株主優待12

                                                                 .

近年はIPOセカンダリーにほとんど参戦しないので、BBが終了すると資金面は問題がありません。一応、日興プラチナ枠は確保しつつ、12月優待に参戦しました。

と、ところが、先週末にいい歳こいて都内某公園の有名なイルミ(青いやつ)を見に行きました。ものすごい人ごみで、どうやらその時に、S級IPOならぬA型インフルウィルスが集中配分された模様(´・ω・`) そのあとひどい寒気、悪寒、高熱、関節痛に襲われ、ほぼ一週間ダウンしてました(笑)

幸か不幸か、自宅警備員なのでPCの前まで這っていけば、最低限のことは対処できました。12月優待もなんやかんやで40個超は取れました。
すかいらーく(1000+300株)、ブロードリーフ(2000株)、ブロンコビリー(500株)、不二家(100株)などは早めに一般信用をおさえ、ロイヤルHD(1000+500株)とアークランドサービス(500株)、ホットランド(1000+1000株)は少し早めの現物買いでの習得としました。

株主優待 12
松井証券


複数株でGETしたのはJT2000株、ポーラオルビス(400+400株)、マクドナルド(500株+500株)、アルペン(500株+500株)などでした。ビール3社&コーラは取りましたが、物語コーポを取り忘れました。

あとは今回から、松井証券、SBI証券、楽天証券での無料取引が1日50万円まで拡大されたので非常に便利です。上限10万円と違って50万円まであると、かなりの銘柄が対象となります。是非とも活用したいですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由がお得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、ハピタスに無料登録、ハピタス経由の口座開設で上記ポイントが獲得できます。上記以外では、岡三オンライン証券(1500円相当)、ライブスター証券(1000円相当)、楽天証券(800円相当)、松井証券(200円相当)、野村證券つみたてNISA(3700円相当)などGET可能です。
ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もとろん、普段のネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!

ハピタス2
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



SBI証券:新規口座開設+50,000円以上の入金で4000円相当プレゼント!

SBI証券はネット証券ながら、多数のIPO主幹事を務めています。ここ最近でも、IPOバルテス、ブランディングテクノロジー、インフォネットの3銘柄で主幹事、全てマザーズの人気案件です。
また他社にはないIPOチャレンジポイントという敗者復活のシステムがあるのも大きなメリットです。
昨年(2018年)の主幹事IPOは11銘柄、主幹事を含む全取扱銘柄は86銘柄あり、全証券会社中でN0.1でした。

ポイント獲得には、ハピタス経由で、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座開設が必要ですが、取引は不要で50,000円以上の入金でOKです。4000Pはハピタスから、1000円はSBI証券からのプレゼントになります。

ハピタス3



カブドットコム証券:新規口座開設+1回取引で3000円相当プレゼント!

三菱UFJ系列のネット証券ですが、超大型IPO三菱UFJ証券の主幹事IPOでは狙い目になります。これからBBがはじまるIPO あさくま でも是非申し込みたい証券会社になりますね。昨年(2018年)のIPO取り扱いは22銘柄ありました。

ポイント獲得は、ハピタス経由で口座開設完了後、60日以内に1回以上の取引(現物・信用・投信)が完了した方が対象となります。プチ株の取引も対象なので、優待用の端株取引でもOKです。

ハピタス3


 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス