IPO ソフトバンク 松井証券


  IPOアノマリー:(株式IPOでは)負けなしの年初第1号IPO!現時点で2銘柄承認済み

2019年の12月IPOは、局所的な公募割れ案件こそありましたが、事前予想を上回る初値も多く、総じて力強い結果となりました。 日経平均が高止まりしているところで新興市場への資金流入、という絶妙の市場環境も後押してくれたのではないでしょうか。また、危惧された大型マザーズ案件も大きな波乱はなく、ほぼ堅調な結果となったことも心理面での支えとなった気がしますね。

年初第1号IPOの初値と初値上昇率
年/上場日 銘柄 公募価格 初値 上昇率
2001年1/30日 メック(ナスダックJ) 1600円 1840円 +15%
2002年1/29日 D3パブリッ(JASDAQ) 62万 151万 +143%
2003年1/28日 オックス情報(HC) 19万 26万 +36%
2004年1/28日 マクロミル(マザーズ) 70万 151万 +115%
2004年1/28日 ブレインナビ(HC) 10.3万 23.8万 +131%
2005年2/8日 メディシノバ・I(HC) 400円 405円 +1%
2006年1/30日 エステック(マザーズ) 35万 89万 +154%
2007年2/6日 光ハイツヴェ(アンビシャス) 27万 28.2万 +4%
2008年2/1日 デジタルハーツ(マザーズ) 18.5万 43万 +132%
2009年3/12日 大研医器(東証2部) 1150円 1150円 +0.0%
2010年3/3日 アニコムHD(マザーズ) 2000円 4000円 +100%
2011年3/3日 駅探(マザーズ) 2780円 5530円 +98.9%
2012年2/22日 MV九州(JASDAQ) 1250円 1300円 +4.0%
2013年2/13日 メドレックス(マザーズ) 1000円 2200円 +120%
2014年2/13日 アキュセラ Inc(マザーズ) 1800円 2300円 +27.8%
2015年2/12日 KeePer技研(マザーズ) 2120円 3160円 +49.0%
2016年2/24日 はてな(マザーズ) 800円 3025円 +278%
2017年1/27日 シャノン(マザーズ) 1500円 6100円 +320%
2018年2/23日 Mマート(マザーズ) 1240円 5380円 +333.8%
2019年2/23日 識学(マザーズ) 1240円 5380円 +152.8%

SBIネオモバイル証券


一応は「負け無し」とされている年初IPOですが、厳密に言えば今年年初の新規上場はインフラファンド2本で、W公募割れの初値結果となっています。 ただちょっと苦しいですが、2/26日に上場した株式IPO第1号となる識学は約2.5倍化の初値、その後のリックソフトなどの株式IPOも公募割れはなく好調な初値結果を残しています。

2020年IPOに関しては、昨年より早くジモティ(吸収金額:14.0億円)、レンティア(21.7億円)の2銘柄が承認されています。共に2/7日の上場で初っ端から2社同日上場となります。2銘柄とも小型軽量の域をオーバーしていますが、荷もたれ感はありません。ここまでの地合いの良さとIPOブランク明けの買いエネルギー効果で、まずまずの高い初値が期待できそうですね。


 IPOブロガーの2020年IPO予想は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


年末 ご挨拶 年末年始のご挨拶
今年も拙ブログのご愛読ならびに 沢山の応援クリックありがとうございました。読者の皆様そして相互リンク先サイト様に感謝の念で一杯です。

今年はマザーズ大型IPOの公募割れなどの波乱もありましたが、ここまでに状況を見る限りでは来年のIPOもまずまずのスタートとなりそうです。

来たる2020年の干支は「子年(ねどし)」:ネズミ、どうか良いお年をお迎え下さい。2020年も引き続き宜しくお願い致します。