IPO:キクオシア
                                                             .

キオクシア、上場延期 「今夏以降」に修正 旧東芝メモリ
半導体大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は、今年度中の株式上場を見送る方針を固めた。半導体市況の悪化が業績に影響を及ぼしており、目標とする株価水準での上場は難しいと判断した。市況は今年回復するとの見方が強く、今夏以降の上場をめざす。

当初は2019年中をめざし、その後、19年度中へ先送りしていたが更に延ばす。同社に出資して経営にも参画中の米投資ファンドのベインキャピタルは高値での上場をめざしており、キオクシアは市況回復を待って上場する方針を固めた。

主力製品NAND型フラッシュメモリーの市況は18年後半からデータセンターへの投資一巡などから苦戦。19年9月中間決算の純損益は1512億円の赤字だった。一方、業界団体の世界半導体市場統計によると、20年のメモリー市場は前年比4・1%増の見通し。データセンターへの投資回復や次世代通信規格「5G」関連の需要が追い風となるためだ。今年前半には岩手県北上市の新工場で量産を始める予定。台湾電子部品大手から記憶装置「SSD」事業の買収完了もめざし、上場へ足場を固めたい考えだ。 (朝日新聞)

松井証券


キオクシアHD、と言われてもピンときませんが、旧東芝メモリホールディングスのことになります。以前からIPOの噂があるフラッシュメモリーの世界的大手になります。

米SOX指数が高値を更新し、レーザーテック(6920)などが上場来高値を更新するなど東証の半導体関連も絶好調ですが、大型IPOとなると話は別になります。
キオクシアはかなりの大型IPOであるうえ、新鮮味のない旧東芝関連でかつ、VC主導案件となります。IPOとしてはあまり歓迎されないタイプなので、(再)延期でひと安心という感じではないでしょうか。


2020年のIPO情報は?  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由がお得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、ハピタスに無料登録、ハピタス経由の口座開設で上記ポイントが獲得できます。上記以外では、岡三オンライン証券(1500円相当)、ライブスター証券(1000円相当)、楽天証券(800円相当)、松井証券(200円相当)、野村證券つみたてNISA(3700円相当)などGET可能です。
ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もとろん、普段のネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!

ハピタス2
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



SBI証券:新規口座開設+50,000円以上の入金で4000円相当プレゼント!

SBI証券はネット証券ながら、多数のIPO主幹事を務めています。ここ最近でも、IPOバルテス、ブランディングテクノロジー、インフォネットの3銘柄で主幹事、全てマザーズの人気案件です。
また他社にはないIPOチャレンジポイントという敗者復活のシステムがあるのも大きなメリットです。
昨年(2018年)の主幹事IPOは11銘柄、主幹事を含む全取扱銘柄は86銘柄あり、全証券会社中でN0.1でした。

ポイント獲得には、ハピタス経由で、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座開設が必要ですが、取引は不要で50,000円以上の入金でOKです。4000Pはハピタスから、1000円はSBI証券からのプレゼントになります。

ハピタス3



カブドットコム証券:新規口座開設+1回取引で3000円相当プレゼント!

三菱UFJ系列のネット証券ですが、超大型IPO三菱UFJ証券の主幹事IPOでは狙い目になります。これからBBがはじまるIPO あさくま でも是非申し込みたい証券会社になりますね。昨年(2018年)のIPO取り扱いは22銘柄ありました。

ポイント獲得は、ハピタス経由で口座開設完了後、60日以内に1回以上の取引(現物・信用・投信)が完了した方が対象となります。プチ株の取引も対象なので、優待用の端株取引でもOKです。

ハピタス3


 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス