東証
                                                              .

2019年のIPO主幹事ランキング
 
証券会社 2019年主幹事数  (IPO取扱い数)

  大和証券          22社    (43社)
  SMBC日興証券     20社    (61社)
  野村證券          17社    (35社)
  みずほ証券         13社    (54社)
  SBI証券             7社    (82社)
  三菱UFJ証券         5社    (26社)
  東海東京証券         4社    (27社)




2019年、年間トータルで主幹事が多かったのは大和証券で、前年3位⇒ 1位に浮上しました。
前年(2018年)の主幹事数トップはガリバー野村證券でしたが、2019年は3位に後退しました。野村證券は、2019年5月に金融庁から業務改善命令を受けた影響があるようです。また野村は、系列VCであるジャフコが大株主に入っているIPOでも、「あえて幹事団入りしない」ようなパターンがたまにあり、もしかしたらIPOを厳選している?のかも知れません。

また、主幹事はないもののIPO取扱社数が多いという証券会社では、マネックス証券岩井コスモ証券岡三オンライン証券などが挙げられます。


主幹事はなくともIPO取扱い数が多い証券会社
  マネックス証券       (45社)
  岩井コスモ証券      (36社)
  岡三オンライン証券    (35社)
  楽天証券           (26社)
  松井証券           (21社)


 


2020年のIPO情報は?  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由がお得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、ハピタスに無料登録、ハピタス経由の口座開設で上記ポイントが獲得できます。上記以外では、岡三オンライン証券(1500円相当)、ライブスター証券(1000円相当)、楽天証券(800円相当)、松井証券(200円相当)、野村證券つみたてNISA(3700円相当)などGET可能です。
ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もとろん、普段のネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!

ハピタス2
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



SBI証券:新規口座開設+50,000円以上の入金で4000円相当プレゼント!

SBI証券はネット証券ながら、多数のIPO主幹事を務めています。ここ最近でも、IPOバルテス、ブランディングテクノロジー、インフォネットの3銘柄で主幹事、全てマザーズの人気案件です。
また他社にはないIPOチャレンジポイントという敗者復活のシステムがあるのも大きなメリットです。
昨年(2018年)の主幹事IPOは11銘柄、主幹事を含む全取扱銘柄は86銘柄あり、全証券会社中でN0.1でした。

ポイント獲得には、ハピタス経由で、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座開設が必要ですが、取引は不要で50,000円以上の入金でOKです。4000Pはハピタスから、1000円はSBI証券からのプレゼントになります。

ハピタス3



カブドットコム証券:新規口座開設+1回取引で3000円相当プレゼント!

三菱UFJ系列のネット証券ですが、超大型IPO三菱UFJ証券の主幹事IPOでは狙い目になります。これからBBがはじまるIPO あさくま でも是非申し込みたい証券会社になりますね。昨年(2018年)のIPO取り扱いは22銘柄ありました。

ポイント獲得は、ハピタス経由で口座開設完了後、60日以内に1回以上の取引(現物・信用・投信)が完了した方が対象となります。プチ株の取引も対象なので、優待用の端株取引でもOKです。

ハピタス3


 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス