コシダカHD(2157)
SBIネオモバイル証券
                                                         .

コシダカHD---急落、カーブスの東証上場が承認
コシダカHD<2157>は急落。スピンオフを予定している子会社のカーブスホールディングスに関して、東証から新規上場が承認されたと発表している。26日が権利付き最終日となり、カーブスは3月2日に上場となる。
これに伴い、業績・配当予想を下方修正しているものの、従前からの会社見通しに沿った修正となっている。特にサプライズはないものの、方向性が定まったことであらためて、スピンオフの影響を見極めたいとして手仕舞い売りの動きが優勢に。 《HH》   提供:フィスコ 




 昨日の大引け後に子会社であるカーブスホールディングス(7085)が新規承認となったコシダカHD(2157)ですが、本日は-114円の1670円6%超の下げとなりました。 (⇒ IPO カーブスHDの概要はコチラ

スピンオフIPOについては昨年の10月上旬に既にIR済みで、株主はもれなくIPOをもらえる旨の告知がありましたが、翌日は小幅高で始まったあと大幅安となっていました。この時はカーブス新株発行による希薄化などの不明点を懸念したようでした。

昨日のIPO承認は、ほぼ予定どおりと言う感じで特段のサプライズはありませんでした。私見ですが、昨年12月ごろからもカーブス承認を狙った買いは入っていた感じがします。
年初は業績悪化のIRもありいったん下げましたが、1/14日からは一本調子の急騰となり、昨日の1788円まで急伸しました。この間コロナウィルス・ショックがあったのですが、コシダカは逆行高となっていました。その間のY掲示板も見ていましたが、明らかにカーブス承認を意識した買いが入っていたように思えます。

昨年から事前に何度もIRがあり、12月発売の四季報にもはっきりと「3/2日上場」と書いてあります。逆算すれば、承認日はほぼわかります。裏技でもなんでもなく普通に、カーブスIPOが欲しい人は事前にコシダカHDを買えばいいだけの話です。

あとは、昨年IPOのJMDCの親会社ノーリツ鋼機(7744)を見てもわかりますが、現実にIPO承認されるといったん材料出尽くしで反落するパターンは少ないありません。JMDCのIPO準備についても、2〜3年位前から四季報に記述がありましたので、ある程度意識されていた可能性がありますね。


IPO カーブスホールディングスのブロガー評価は?  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
 (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由がお得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、ハピタスに無料登録、ハピタス経由の口座開設で上記ポイントが獲得できます。上記以外では、岡三オンライン証券(1500円相当)、ライブスター証券(1000円相当)、楽天証券(800円相当)、松井証券(200円相当)、野村證券つみたてNISA(3700円相当)などGET可能です。
ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もとろん、普段のネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!

ハピタス2
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



SBI証券:新規口座開設+50,000円以上の入金で4000円相当プレゼント!

SBI証券はネット証券ながら、多数のIPO主幹事を務めています。ここ最近でも、IPOバルテス、ブランディングテクノロジー、インフォネットの3銘柄で主幹事、全てマザーズの人気案件です。
また他社にはないIPOチャレンジポイントという敗者復活のシステムがあるのも大きなメリットです。
昨年(2018年)の主幹事IPOは11銘柄、主幹事を含む全取扱銘柄は86銘柄あり、全証券会社中でN0.1でした。

ポイント獲得には、ハピタス経由で、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座開設が必要ですが、取引は不要で50,000円以上の入金でOKです。4000Pはハピタスから、1000円はSBI証券からのプレゼントになります。

ハピタス3



カブドットコム証券:新規口座開設+1回取引で3000円相当プレゼント!

三菱UFJ系列のネット証券ですが、超大型IPO三菱UFJ証券の主幹事IPOでは狙い目になります。これからBBがはじまるIPO あさくま でも是非申し込みたい証券会社になりますね。昨年(2018年)のIPO取り扱いは22銘柄ありました。

ポイント獲得は、ハピタス経由で口座開設完了後、60日以内に1回以上の取引(現物・信用・投信)が完了した方が対象となります。プチ株の取引も対象なので、優待用の端株取引でもOKです。

ハピタス3


 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス