.

◆6600:キオクシアホールディングス ( 東証所属部未定 / 三菱UFJ他 共同主幹事 )  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ     
  上場日: 10/6日   BB期間: 9/18〜9/25日   仮条件: 9/17日
  ■事業内容:メモリ及びSSD等関連製品の開発・製造・販売事業等を営むグループ会社
             の経営戦略策定及び管理
  公開株数 公募株数 21,562,500株
           売出株数: 66,068,900株 (国内:9,108,500株 / 海外:56,960,400株)
           OA株数: 7,886,900株 (国内:2,760,400株 / 海外:5,126,500株)
  想定価格: 3960円(100株単元) (吸収金額:3782億円)
  幹事団
   ★三菱UFJモルガン証券
   ★野村證券
   ★ゴールドマン・サックス証券
   ★JPモルガン証券
   ★SMBC日興証券
   ★大和証券
   ★みずほ証券
    クレディ・スイス証券
    松井証券
マネックス証券
    楽天証券
    SBI証券

松井証券

    


会社概要 ・本社:東京都港区  ・会社設立:2017年 ・従業員数:1万3572人(連結)

キオクシアHD



IPO キオクシアホールディングスの主幹事・市場・想定価格・事業内容など

★以前からIPOの噂があったキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)が新規承認されました。主幹事は三菱UFJモルガン証券や野村證券、SMBC日興証券など国内大手5社を含む共同主幹事体制となっています。

★上場日は10/6日、市場は所属部未定となっていますが、時価総額から言って東証1部以外ありえないという感じです。
想定価格は3960円(100株あたり39.6万円相当)で吸収金額約3782億円となり、2018年12月のソフトバンク依頼の超大型IPOになります。

★公募(新株発行)もあるため売出100%の出口案件ではありません。公募:21,562,500株に対し売出:66,068,900株と売出株が公募株の約3倍となっています。
海外人気を見込んでいるのか、国内不人気が前提なのかわかりませんが、売出・OAと海外比率が圧倒的に多くなっています。

★この手の超大型IPOはかなり微妙な位置付けで、まず全体地合いの良し悪しとても大切です。加えて、半導体関連株の強弱はもちろん、米国のSOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)や半導体メモリ市況にも左右されることになりそうです。全体地合いという観点ではコロナ感染状況やワクチンの開発状況なども重要ですね。

★レーザーテック (6920)が年初来高値を更新するなど、7月前半までの半導体関連は絶好調でしたが、その後はやや反落して一服状態にあります。
ただ、既上場の半導体関連がそこそこでもIPOとなるとやや難点があります。
大型ハイテク系IPOという観点では、公募割れ後暴落したJDLのトラウマがあり、直近の超大型IPOではソフトバンクが公募割れした記憶が新しく簡単にはいきません。
外国人投資家の評価・BB態度(=仮条件に反映されます)を見たうえで、銘柄内容や地合いを吟味したのちの判断になりそうです。



キオクシアホールディングス(6600)、IPOブロガーの初値予想は? にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
  (IPOブログランキングにジャンプします)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由がお得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、ハピタスに無料登録、ハピタス経由の口座開設で上記ポイントが獲得できます。上記以外では、岡三オンライン証券(1500円相当)、ライブスター証券(1000円相当)、楽天証券(800円相当)、松井証券(200円相当)、野村證券つみたてNISA(3700円相当)などGET可能です。
ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もとろん、普段のネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



SBI証券:新規口座開設+50,000円以上の入金で4000円相当プレゼント!

SBI証券はネット証券ながら、多数のIPO主幹事を務めています。ここ最近でも、IPOバルテス、ブランディングテクノロジー、インフォネットの3銘柄で主幹事、全てマザーズの人気案件です。
また他社にはないIPOチャレンジポイントという敗者復活のシステムがあるのも大きなメリットです。
昨年(2018年)の主幹事IPOは11銘柄、主幹事を含む全取扱銘柄は86銘柄あり、全証券会社中でN0.1でした。

ポイント獲得には、ハピタス経由で、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座開設が必要ですが、取引は不要で50,000円以上の入金でOKです。4000Pはハピタスから、1000円はSBI証券からのプレゼントになります。

ハピタス3

SBI証券 ハピタス経由で4000Pプレゼント!
【最新IPO インターファクトリーで共同主幹事!〜ハピタス経由の口座開設で4000円相当を全プレ!】