東証 JPX
SBI証券 ハピタス経由で4000Pプレゼント!
3月末までIPOポイント増額キャンペーン中!
ハピタス経由のSBI証券 口座開設で4000円相当を全プレ!
.

今年の新規上場、100社規模に 大型案件相次ぐ見通し

ネット銀行大手の住信SBIネット銀行やクラウドファンディングを手がけるCAMPFIRE(キャンプファイヤー)が上場準備に入った。2021年中の新規株式公開(IPO)を目指す。今年は時価総額が1000億円を超える大型上場が複数見込まれ、年間の上場件数としては100社程度になるとの見方が出ている。


住信SBIは07年に事業を開始。三井住友信託銀行とSBIホールディングスが折半出資する。約400万口座を持ち、住宅ローンなどに強みを持つ。ネット専業の銀行としては初のIPOになる。

キャンプファイヤーは11年に起業家の家入一真氏が創業し、商品などの見返りがある「購入型」と呼ばれるクラウドファンディングで国内大手。20年には取引金額が前年の3倍の約200億円、プロジェクトの掲載数は同1・6倍の約1万4500件まで拡大した。新型コロナウイルス禍で苦しむ飲食店やアーティストなどが利用している。



20年にIPOを延期した半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は米国のバイデン次期政権の対中政策を見極めた上で、改めて上場を申請する見通し。時価総額は1兆円を超えるとみられる。ESG(環境・社会・企業統治)投資が拡大するなかで注目を集めそうなのが、素材会社のTBMだ。石灰石を原料にプラスチックや紙の代替となる新しい素材を手がける。

20年は新型コロナの感染が広がった3月以降に18社が上場を延期し、うち10社はその後に上場した。年間のIPOは93社(東京プロマーケット除く)で、07年(121社)以来の水準だった。ただ公開価格ベースの平均時価総額は130億円と、小粒化が進んでいる。

新型コロナが収束すれば、20年に延期した企業が改めて上場を目指すとみられる。野村証券の倉本敬治公開引受部長は「21年も90〜100社程度になる」と見通す。(後略)
(出所:日本経済新聞2021年1月15日 20:49 )



IPOブログランキングに参加しています  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPO用の証券口座開設は、ハピタス経由が断然お得です!!

ハピタスはどなたでも簡単にポイントを貯めることができる有名な大手ポイントサイトです。
まずは、⇒ ハピタスに無料登録、ハピタスからの口座開設で下のようなポイントが獲得でき、換金もできます。(1P=1円)


auカブコム証券7500円相当(口座開設+取引)
マネックス証券5000円相当(口座開設+取引)
SBI 証券 :  4000円相当取引不要!
岡三オンライン証券1500円相当取引不要!
ライブスター証券1500円相当取引不要!
楽天証券   :   1000円相当取引不要!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  こちらからの無料登録&初回利用で2021ポイントもらえます!1/31日まで


上記以外でも、松井証券(550円相当:取引不要)、GMOクリック証券(200円相当:取引不要)、LINE証券(200円相当:取引不要)などでGET可能です。
さらにFX口座開設もお考えの場合は、10,000円以上GET可能な案件がごろごろしています。

ハピタス+口座開設でお得!


ハピタスは、証券口座やFXの口座開設でもかなりお得で、登録(完全無料)しておいて損はありません!!
IPOに向けて複数の口座開設をする予定であれば、ハピタスのメリットは大きいです。もちろん、ネットショッピング、ヤフオクやクレジットカード作成などでもポイントがガンガン貯まります!普段のネットショッピングなどでも大変お得です(#^^#)