バルミューダ(6612)
松井証券

連投につぐ連投で連日の高値更新となっていたバルミューダ(6612)、本日は一時10000円乗せを果たしたものの、上下に荒い値動きとなっています。
まず寄付き直後に1万円タッチしましたがすぐに急落となり、9000円割れまで暴落。しかし後場に入ると猛反発となり、再度1万円乗せし高値更新、直後に再急落と乱高下を繰り返しています。(大引けは、前日比 -330円9700円でした)