ウイングアーク1st

カーライル出資のウイングアークが東証上場へ、過去2回延期=関係筋

[東京 16日 ロイター] - 過去2回に渡って新規株式公開(IPO)計画を延期したソフトウエア開発・販売のウイングアーク1st(東京・港区)が、3月中旬に東京証券取引所に上場することが明らかになった。同社株は昨年2月時点で、米投資会社カーライルが半分近くを保有。3回目の申請を経ての上場は、東証では初となる。

複数の関係筋が明らかにした。上場はすでに申請済みで、東京証券取引所は18日にも承認する見通し。時価総額は500億円規模を見込んでいる。