日本調理機(2961)

昨日に微プラスの初値を付けたあと公募割れとなっていた日本調理機(2961)、本日も小幅続落となっています。
場中は2600円割れの安値2588円まで下落しました。その後は回復し大引けは2686円(−2円)と微マイナスで終了しました。
ただ2日目で早くも出来高が激減してしまい、活気がない商況になっていますね。