オリックス (8591)

オリックスが4日続落、株主優待制度の廃止発表で波紋も
オリックス<8591.T>が4日続落。11日に発表された22年3月期決算は堅調な内容だったが、株主優待制度の廃止を明らかにしたことが波紋を呼んでいる。前3月期の連結営業利益は前の期比16.7%増の3020億8300万円となり、配当は前の期比7円60銭増の85円60銭とした。また、500億円、4000万株(発行済み株式数の3.3%)を上限とする自社株買いも発表した。23年3月期の業績予想は開示していない。同時に、全国の名産品をカタログから選ぶ「ふるさと優待」と「株主カード」による株主優待制度を24年3月末に廃止することを公表した。同社株は株主優待が充実していることで、個人投資家から高い人気を得てきた。今後は配当などによる利益還元に集約する方針を示しているが、この日は株主優待制度の廃止を嫌気する売りも出ている様子だ。 (出所:MINKABU PRESS)

オリックス (8591)、昨日の衝撃の優待廃止を受けての本日の値動きになります。
寄り付き直後は売られ前日比-67.5円となる安値2226円まで急落しましたが、すぐに反発しました。後場は日経平均が下げ幅拡大もあり再度軟調となり、大引けは前日比-2.2%となる2,241.5円 (-52 円)で終了しました。

小型の人気優待銘柄が優待廃止を発表すると大暴落もありえますが、オリックスは流動性がある大型株であることに加え、あと2年は優待があること、優待がなくなっても高配当銘柄であることなどから、小幅な下げで済んでいますね(^-^;